テイラー・スウィフト、新CMで宿敵スクーター・ブラウンをディスる? ファンが注目した「とある物」とは・・・?[動画あり]

ファンが注目したシーンとは・・??
ファンが注目したシーンとは?

歌手テイラー・スウィフトの過去のヒット曲で再レコーディングした「ラヴ・ストーリー」が使用されているCMの一部が、彼女の宿敵とも呼ばれるスクーター・ブラウン氏を暗にディスっているのではと注目を集めている。

ジャスティン・ビーバーなど大物アーティストを手掛けるスクーター・ブラウンは以前、テイラー・スウィフトが過去に所属していたレコード会社「ビッグ・マシーン・レコード」を買収。これにより彼女の過去曲の版権が実質スクーターの手に渡ってしまい、テイラーは自分の曲であるにも関わらず使用できないなどといった事態に。現在もこの件でもめている。

このためテイラーは、過去の楽曲を再レコーディングして再リリースすると発表。今年11月から再レコーディングを開始し、先日もあるインタビューで「『ラヴ・ストーリー』の再レコーディングはとても楽しかった」と明かしていた。

そんな中、過去曲の「ラヴ・ストーリー」の再レコーディング版が今回公開。テイラーの友人で人気俳優のライアン・レイノルズが出演する出会い系アプリ「match」のCMソングとして起用されたのだ。

今回、初めて世間に公開された新「ラヴ・ストーリー」。音楽に合わせ、“悪魔”と“2020年”が「match」を通して出会うという、散々であった今年を皮肉ったCMだ。

ここでファンが注目したのは、2人が一緒にセルフィーを撮る場面。2人の後ろに見える青いゴミ箱のとなりに、実際の“スクーター”が雑に置いてあるのだ。さらに近くの壁には不吉な数字である「6」が描かれている。

これを見たファンは「テイラーがスクーターをゴミに!」「スクーターはその場所が似合う」などと書き込んでいる。果たしてこのスクーターは実際に秘密のメッセージなのだろうか・・・?

この爆笑CMで悪魔と女性は、誰もいないスタジアム、人のいないジム、空っぽの映画館と、デートを重ね、さらにトイレットペーパーを大量に盗んだりと、まさに2020年を象徴するような“ラヴ・ストーリー”に。そして最後には「2020年をあなたの年にしよう」から「2021年をあなたの年にしよう」とメッセージが出てくる。

テイラーはこの動画を引用し、「再レコーディングはまだ全部は終わっていないんだけど、私の友人のライアン・レイノルズが、彼が作った爆笑のコマーシャルのためにちょっと使いたいと言われたの。これは『ラヴ・ストーリー』の一部よ!みんなに楽曲を届けるために一生懸命がんばっているからね!」と書きつづった。

テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、LGBTQコミュニティーへの継続的な支援を誓う! 「愛に満ちた人生を歩めるような社会にしていきたい」[動画あり]

2020年12月3日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、ついに再レコーディングした楽曲「ラヴ・ストーリー」の一部が公開! なんとライアン・レイノルズが出演する、出会い系アプリのCMソングに[動画あり]

2020年12月3日
『folklore:ロングポンド・スタジオ・セッション』

テイラー・スウィフト自身が監督を務めたライブパフォーマンス作品『folklore: ロングポンド・スタジオ・セッション』12/4(金)よりディズニープラスにて日本独占配信

2020年12月1日
テイラー・スウィフト

過去の楽曲を再レコーディングしているテイラー・スウィフト、一番再録音を楽しんでいる楽曲を明かす![動画あり]

2020年11月30日
テイラー・スウィフト(左)、スクーター・ブラウン

テイラー・スウィフトの楽曲版権をスクーター・ブラウンが売却! テイラー本人が声明を発表し驚きの「裏のやりとり」を暴露[写真あり]

2020年11月17日

 

tvgrooveをフォロー!