クイーンのブライアン・メイが映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットに感謝! あの“ハッピ”を着てメッセージを投稿

現在公開中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットを記念して、親日家であるクイーンのメンバーが、日本語を混ぜたメッセージをインスタグラムに投稿し、大きな話題を集めている。

同映画は「ボヘミアン・ラプソディ」や「伝説のチャンピオン」など、数々の名曲を世に送り出し、圧倒的なライブパフォーマンスで世界中のファンを魅了した伝説のロックスター、フレディ・マーキュリーと彼の愛したバンド「クイーン」の物語を描いたものだ。

公開五週目まで、興行収入が、異例の右肩上がりという空前の大ヒットをしており、年齢関係なく多くの人が楽しめる映画だ。

クイーンメンバーは親日家としても知られており、ボーカルのフレディー・マーキュリーは自身の庭に日本庭園を作った話は有名だ。

現在も活躍中のクイーンのギタリスト、ブライアン・メイが、映画の大ヒットをうけて感謝のメッセージをインスタグラムに投稿した。

日本で同映画が大ヒットしていること、日本のファンのサポート、そして美しいハッピへの感謝のメッセージを綴った。

また、文の最後には、一部日本語歌詞が含まれている、クイーンの曲「Teo Toriatte(手を取り合って)」の文字が書かれている。

日本語で「クイーン、ブライアン・メイ」と書いてあるこのハッピ、実は、同映画のジャパンプレミアで、ブライアン・メイ役を演じた俳優、グウィリム・リーが着ていたものだ。

(左からブライアン・メイ役グウィリム・リー、ジョン・ディーコン役ジョセフ・マッゼロ、フレディー・マーキュリー役ラミ・マレック)

どのように、ブライアン本人の手元に渡ったか明かされていないが、グウィリムがブライアンに送った可能性もある。

日本の伝統的なハッピ、そして日本語でのメッセージの投稿に、日本の多くのファンが反応。大きな話題となっている。