映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」、夏休みがニック・フューリーに支配される! 日本版予告&ポスターが到着

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

2017年、新たにアベンジャーズを中心としたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の世界に参戦したスパイダーマン。その最新作、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の日本版予告とポスター、さらにティザーチラシが公開された。

前作『スパイダーマン:ホームカミング』では、スパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカーが、ヒーローの師匠とも言うべきアイアンマンに導かれ、真のヒーローへと成長する過程が描かれた。

本作は“ホーム”であるニューヨークから、舞台はヨーロッパへ。ピーター(トム・ホランド)は、親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)やMJ(ゼンデイヤ)たちと夏休み旅行へ出かける。

しかし、旅行中、ピーターの前に突如現れたのは、S.H.I.E.L.D.の長官、ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)。ニックが現れた理由とは?そしてピーターと対峙する新たな敵とは――?

【動画】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』特報2

この週末から、日本版ティザーチラシが各劇場にて展開される(※一部劇場を除く)。さらに、本チラシには物語を暗示するヒントらしきものが。

表面は海外版のポスターと同様、様々な国のステッカーがスパイダーマンの顔に貼られているデザイン。しかし、裏面に描かれているのは、「夏休みが、ニック・フューリーに支配される。」という文字で埋め尽くされたスパイダーマンの顔。予告映像にも登場し、大きな話題を集めたマーベルファンにはお馴染みのキャラクター、ニック・フューリー。世界最高の平和維持諜報機関S.H.I.E.L.D.の長官である彼が本作でスパイダーマンに深く関わっていくことを連想させるデザインだ。

様々な考察が飛び交う本作で、日本版ティザーチラシは新たなヒントとなるのか⁉ぜひ、手に取って確かめてみてほしい。

公開情報

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
2019年夏 全国ロードショー!

 

スパイダーマン:スパイダーバース

異次元から導かれたスパイダーマンたちが秘密の地下基地に6人全員大集結! 映画「スパイダーマン:スパイダーバース」、貴重な本編シーンが到着

2019年2月21日
マイケル・B・ジョーダン / マイケル・キートン

アカデミー賞授賞式、プレゼンターとしてマーベルとバットマンのキャストが共演! 豪華出演者が続々決定

2019年2月21日

ゼンデイヤ、映画「デューン/砂の惑星」リブート版でティモシー・シャラメの恋人役として出演か

2019年1月31日
「The Devil All the Time」

「アベンジャーズ」クリス・エヴァンス&トム・ホランドが再共演! NETFLIXが新作映画「The Devil All the Time」の豪華キャストを発表

2019年1月21日