ミリー・ボビー・ブラウン主演ネットフリックス映画『エノーラ・ホームズの事件簿』、シャーロックの著作権侵害をめぐった訴訟で和解

ミリー・ボビー・ブラウン
ミリー・ボビー・ブラウンのインスタグラムより

「ストレンジャー・シングス未知の世界」で知られる人気女優ミリー・ボビー・ブラウン主演&製作の本格ミステリー・アドベンチャー『エノーラ・ホームズの事件簿』。ネットフリックスオリジナルのこの作品は、著作権侵害により訴訟されていたが、今回和解に至ったようだ。

ことの発端は6月。ネットフリックス、レジェンダリー・ピクチャーズ、そして原作小説の著者であるナンシー・スプリンガーと彼女の出版社が、シャーロック・ホームズの生みの親であるアーサー・コナン・ドイルの遺族から、『エノーラ・ホームズの事件簿』内のシャーロックの描写をめぐって著作権侵害で訴えられた。

1921年から1927年にかけて出版された『シャーロック・ホームズの事件簿』。このドイルの最後の10のオリジナルストーリーについては、ドイル財団は今も一部の権限を維持している。このストーリーでは、シャーロック・ホームズを冷たく、女嫌いで、友情に欠ける人物として描いていた。しかし、『エノーラ・ホームズの事件簿』では、ヘンリー・カヴィル演じるシャーロックが、妹への優しさと温かさを見せていたため、この作品はコナン・ドイル・エステートの著作権を侵害していると訴訟で訴えられた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Henry Cavill(@henrycavill)がシェアした投稿

THRの報道によると、ネットフリックスやレジェンダリー・ピクチャーズなど『エノーラ・ホームズの事件簿』に関係する企業が、ドイル邸との間で和解に至ったという。和解の条件は明らかにされていないが、ニューメキシコ州の連邦裁判所は金曜日に訴訟を棄却したようだ。

コナン・ドイル・エステートが、シャーロックというキャラクターをめぐってクレームをつけたのはこれが初めてではない。2015年には、イアン・マッケラン主演の映画『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』でのシャーロックの描写をめぐってミラマックス社を提訴したが、この訴訟も法廷での和解に終わっている。

ヘンリー・カヴィル

ヘンリー・カヴィル、スーパーマンにまつわるウワサについてコメントを拒否!「話を『エノーラ・ホームズの事件簿』に戻すように」と記者に頼む

2020年9月28日
Netflix『エノーラ・ホームズの事件簿』

ネットフリックス『エノーラ・ホームズの事件簿』、ミリー・ボビー・ブラウンら主要キャスト陣が作品の魅力を語り尽くす特別映像解禁[動画あり]

2020年9月23日
『エノーラ・ホームズの事件簿』

シャーロックの妹エノーラの大冒険!ネットフリックス映画『エノーラ・ホームズの事件簿』予告編解禁[動画あり]

2020年8月26日
Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』キービジュアル

ミリー・ボビー・ブラウンが駆け出し名探偵を演じる!ネットフリックス『エノーラ・ホームズの事件簿』、キービジュアル解禁&配信日決定

2020年8月19日
Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』

ミリー・ボビー・ブラウン主演の映画『エノーラ・ホームズの事件簿』が訴えられる! トラブルに巻き込まれてしまった理由とは

2020年6月26日
tvgrooveをフォロー!