「ウォーキング・デッド」チャンドラー・リッグス、自分の演技が「無気力」だったことを認める! 「キャスト変更の可能性もあったかも」

チャンドラー・リッグス(2011)

人気海外ドラマ「ウォーキング・デッド」に、カール役で出演していたチャンドラー・リッグス(19)が、かつて自身が「やる気のない状態」で番組に出演していたことを認めた。

チャンドラー・リッグスは、Redditに投稿された「彼はこの役を演じるにはひ弱な俳優だ」というファンからの意見に対し、「TWDの過去数か月分を見返す限り、同意する(笑)」と返答。自分の演技を振り返り、「最初の数年はきちんとやっていたけれど、そのあとはやる気がなくなった」と自ら評した。

チャンドラー・リッグスが、最初に「ウォーキング・デッド」に参加したのは、まだ彼が10歳だったころ。そのため「シーズン4~7(あと8の一部)」は、学校との兼ね合いが厳しくなり、「仕事より学業に努力をそそいでいた」と振り返る。

しかしリッグスは、カールが退場にいたるまで、最後の出演となったエピソード数話分の撮影には「爪跡を残したい」と、全力を注いだと強調。「自分の演技がどんどん深みを増し、パワフルになっていったのを感じたし、心から誇りに思える」とシーズン8を評している。

一方で衝撃的な最期を遂げることにならなければ、「ぼくの演技はいいものにならなかっただろうし、番組はカール役を交替させたかもしれない」とも。「誤解しないでほしいのは、ぼくはカールを演じることが大好きだったし、脚本にも満足していた。ただ学校と仕事を両立させるために、満足な演技をすることは難しくなったんだ」

チャンドラー・リッグス

「ウォーキング・デッド」カール役チャンドラー・リッグスの新作ドラマ出演が決定

2019年1月28日
チャンドラー・リッグス

「ウォーキング・デッド」カールの結末について、チャンドラー・リッグスが語る! 「最悪だったよ」

2019年1月3日
tvgrooveをフォロー!