映画「ダンボ」、ティム・バートン監督&コリン・ファレル来日決定! お気に入り“ダンボ”と共に大好きな日本へ

映画「ダンボ」、ティム・バートン監督(下)
映画「ダンボ」、ティム・バートン監督(下)

ディズニーと鬼才ティム・バートン監督が、国や世代を超えて愛され続ける名作『ダンボ』を実写映画化した、全世界注目の最新作『ダンボ』が3月29日(金)に公開となる。この度、ティム・バートン監督と、コリン・ファレルの来日が決定した。

ディズニー・アニメーションの名作『ダンボ』をベースに、オリジナル脚本で実写映画化するのは『シザーハンズ』、『チャーリーとチョコレート工場』、『アリス・イン・ワンダーランド』などで強い個性を持つキャラクター達の成長を描いてきた鬼才ティム・バートン監督。「(『ダンボ』が)お気に入りのディズニー・アニメーション」と語る彼が、その独特な映像美と世界観でファンタジックに描く奇跡の物語に期待が高まっている。

そんなバートン監督が描く新たなダンボの物語で、二人の子どもたちと共にダンボの面倒を見ることになる、サーカス団の元看板スターのホルトを演じたコリン・ファレルは「稀代のビジュアルアーティストのティム・バートンと『ダンボ』という題材ほど、幸せな組み合わせはない!」と出演を即決したことを明かす。親日家としても知られるバートン監督は、映画の PR としては2年1ヵ月ぶりの来日となり、コリン・ファレルは、14年1ヵ月ぶりの来日となる。

バートン監督は「3月にコリンと一緒に大好きな日本へ行くことになったんだ。また、マッテテネ!」とコメントし、来日に期待を膨らませる。そして、2人は、3月14日(木)に実施される作品の世界観をイメージしたジャパン・プレミアへの登壇も予定している。

ファレルは、「ティムとの仕事はとても楽しいんだ」とお気に入りの題材に取り組むバートン監督との撮影を振り返る。そして、「ティムのエネルギーを感じて、ダニー(・デビート)たちと一緒に撮影する。おまけにセットが素晴らしい。毎日が本当に最高だったよ」と空中ブランコの女王のコレットを演じたエヴァ・グリーン(『ダーク・シャドウ』、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』)、NY の巨大テーマパーク“ドリーム・ランド”を経営しているやり手の興行師ヴァンデヴァーを演じるマイケル・キートン(『バットマン』、『バットマン・リターンズ』)、ホルトの所属するサーカス団の団長メディチを演じたダニー・デヴィ―ト(『バットマン リターンズ』『ビッグ・フィッシュ』ほか)というティム・バートンが最も信頼しているキャストとティム・バートンの世界に入り込んだ毎日を楽しんだという。

引き離された母を助けるため、サーカス団の家族の力を借りて新たな一歩を踏み出すファンタジー・アドベンチャー『ダンボ』。ディズニーとティム・バートンが奇跡の映像美で実写化する”新たな「ダンボ」の物語”はどんな感動を届けてくれるのかー?全世界から熱い期待が高まっている。映画『ダンボ』は、全米同時となる3月29日(金)全国公開する。

映画『ダンボ』

ディズニーと、個性の素晴らしさを描き続けてきたティム・バートン監督が新たな「ダンボ」の物語を実写映画化。“大きすぎる耳”を持つ子象のダンボはサーカス団の笑いものだったが、やがてその大きな耳を翼にして空を飛べることに気づく。コンプレックスを強さに変えたダンボは、引き離された母を救うため、サーカス団の家族の力を借りて新たな一歩を踏み出す!大きな耳で大空を舞うダンボが、世界中に“勇気”を運ぶ感動のファンタジー・アドベンチャー

全国公開: 3 月 29 日(金)
原題:Dumbo
監督:ティム・バートン 出演:コリン・ファレル、エヴァ・グリーン、マイケル・キートンほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

映画「アリータ:バトル・エンジェル」、実写とCGの自然な融合はどうやって実現した? 驚きのメイキング映像が到着

2019.02.26

映画「グリーンブック」ヴィゴ・モーテンセン&マハーシャラ・アリ、特別インタビュー映像公開! ヴィゴと日本の意外なつながりとは?

2019.02.23

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」、夏休みがニック・フューリーに支配される! 日本版予告&ポスターが到着

2019.02.22

ディズニー異色のダーク・ヒーローが主人公! ケネス・ブラナー監督作品「アルテミスと妖精の身代金」、2019年秋 日本公開決定

2019.02.20

映画「アナと雪の女王2」、11月22日に日米同時公開が決定!エルサとアナを待ち受ける次なる冒険へ

2019.02.20

ディズニー・チャンネル「ゾンビーズ」、続編制作が決定! 高校に現れる新たな【部外者】とは?

2019.02.14