アン・ハサウェイ&マシュー・マコノヒーら、オスカー俳優豪華共演! Netflixオリジナル映画「セレニティー:平穏の海」、アンの魅力あふれる予告編が公開

Netflixオリジナル映画『セレニティー:平穏の海』
Netflixオリジナル映画『セレニティー:平穏の海』

Netflixは、Netflixオリジナル映画『セレニティー:平穏の海』を3月8日(金)より配信する。本作より、アン・ハサウェイのセクシーで妖しい魅力あふれる予告編とビジュアルが公開された。

『セレニティー:平穏の海』は、『レ・ミゼラブル』でアカデミー助演女優賞を受賞、『プラダを着た悪魔』、『オーシャンズ8』などの人気女優アン・ハサウェイと、『ダラス・バイヤーズ・クラブ』でアカデミー主演男優賞を受賞したマシュー・マコノヒーによるオスカー俳優同士の豪華キャスト出演で描かれる至極のサスペンス・スリラーだ。

監督・脚本は、アカデミー賞ノミネート歴を持つ『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』のスティーブン・ナイト。共演は数多くのハリウッド作品に出演し続けている名女優ダイアン・レイン、ジャイモン・フンスー、ジェイソン・クラークなど、ハリウッドの超一級のスタッフとキャストが顔を揃える。

解禁された予告編では、美しいカリブ海の島で暮らす主人公ベイカー(マシュー・マコノヒー)の静かな語りから始まる。平穏な暮らしをしていた彼の元へ突然現れたのは美しい元妻カレン(アン・ハサウェイ)。「何か用事か?」と聞くベイカーに、カレンの口から出た言葉は「夫をサメの餌にして欲しいの…」という恐るべき一言。

美しい元妻からの依頼はベイカーから平常心を奪っていき、さらに島の人々はまるでベイカーが知らない秘密を知っているかのよう。究極の決断を迫られるベイカーが取った選択は?謎が謎を呼ぶスリリングな展開を予感させる映像だ。併せて公開されたキービジュアルも危険で不穏な事件を想像させるような構図になっている。

中でも注目はやはり、カレンを演じたアン・ハサウェイのセクシーで妖艶な魅力。現夫の暴力的な支配から逃れようとする妻の顔と、予想出来ない大きな秘密を隠していそうな危険な雰囲気の両方が見え隠れする。

【動画】映画『セレニティー: 平穏の海』予告編

 

アンは自身が演じたカレンについて「彼女は結婚生活で、自分自身の人生が奈落の底に落ちていく様子を目の当たりにしてきたの。守ってもらいたくて結婚したのに、結婚した相手が怪物だったという状況から抜け出したいだけで、大きな幸せを望んでいるわけじゃないわ。ただ昔のように心が落ち着く安定した生活を取り戻したいだけなのよ。私がカレンというキャラクターに惹かれたのは、表面的にはとても優しく大人しそうなのに、実は内面に闘志を秘めている女性だからなの。」と美しさの中に秘められた複雑で深い魅力を語っている。

静寂の中で、徐々に緊迫感を高めていく大人のサスペンス映画にふさわしいアン・ハサウェイとマシュー・マコノヒーの熱演は、一時も画面から目が離せない映画ファン必見の作品だ。

配信情報

Netflixオリジナル映画『セレニティー:平穏の海』3月8日より独占配信開始

アルフォンソ・キュアロン監督

NETFLIX、「ROMA」アカデミー賞獲得めざし大金をつぎ込んでいた! その成果は・・?

2019年2月27日
セレニティー: 平穏の海

Netflix3月の最新作&注目作「セレニティー: 平穏の海」「クィア・アイ:シーズン3​」「メッセージ​」など

2019年2月26日
アン・ハサウェイ

アン・ハサウェイ、ホストなしのアカデミー賞を自虐で激励! 「最悪は私だから大丈夫」

2019年2月25日
「ジェシカ・ジョーンズ」クリステン・リッター / 「パニッシャー」ジョン・バーンサル

NETFLIXが「ジェシカ・ジョーンズ」「パニッシャー」の打ち切りを決定! マーベルとのコラボ、完全終了へ

2019年2月19日
グウィネス・パルトロー

グウィネス・パルトロー、ライフスタイル事業がNETFLIXにて番組化決定

2019年2月5日

アン・ハサウェイ、自身の大ヒット作「プリティ・プリンセス」シリーズ第3弾の企画が進行中であることを明かす[動画あり]

2019年1月27日