世界が注目する17歳のカナダの新星テイト・マクレー、新EP『トゥー・ヤング・トゥー・ビー・サッド』をリリース!MVも公開[動画あり]

テイト・マクレー
テイト・マクレー (C)Gennelle Cruz

弱冠17歳ですでに楽曲総再生回数14億回を超えるカナダの期待の新星テイト・マクレーが最新EP『トゥー・ヤング・トゥー・ビー・サッド』を本日(3月26日)リリースした。同EPには、2020年にリリースされ、再生回数約8億回を記録し大ヒット曲「ユー・ブローク・ミー・ファースト」の他、新曲を含む全6曲が収録される。本日、新曲「バッド・ワンズ」のミュージック・ビデオも公開となった。本人が全曲の作詞作曲に携わったこのEPには、失恋ソング「ユー・ブローク・ミー・ファースト」の他、別れを切り出しておきながらヨリを戻したいと申し出てくる相手に対して皮肉たっぷりに「どうしたの?」と歌う「アー・ユー・オーケイ」など、多感なティーネイジャーの赤裸々な想いが込められた曲が収録されている。

テイト・マクレー『トゥー・ヤング・トゥー・ビー・サッド』再生・ダウンロードリンク: https://sonymusicjapan.lnk.to/TateMcRae_TYTBSAW

テイト・マクレー「バッド・ワンズ」MV

6歳のころからダンスを始め7歳から自身のYouTubeチャンネルを解説して動画を公開していたテイトは、12歳の時に出演したアメリカの大人気ダンスオーディション番組『アメリカン・ダンスアイドル』で準優勝したことで一躍注目の的に。ジャスティン・ビーバー本人に選ばれ、Purpose World Tour 2016にキッズダンサーの一人として出演も果たした。そして2017年に初めて書いたオリジナル・ソング「One Day」をYouTubeで公開したところ反響を呼び、レコード会社11社による争奪戦の末、米RCAレコードと契約を結んだ。契約発表と同時にビリー・アイリッシュとフィネアスが作詞作曲した楽曲「テアー・マイセルフ・アパート」(’19)をリリースし、いきなり大きな話題となった。翌年4月にリリースされた「ユー・ブローク・ミー・ファースト」はTikTokの影響もあり世界中でヒットを記録し、新型コロナウイルスの影響でカナダの実家に戻ることを余儀なくされた状況下で友人と一発撮りしたミュージック・ビデオも、再生回数8,000万回を超える人気だ。ビルボード内のさまざまなチャートの数値をもとに人気が浮上しているアーティストを発表するビルボード・エマージング・アーティスト・チャートで5風連続1位を獲得するだけでなく、リリースから約1年後の2021年3月13日付け米ビルボード・シングルチャートで17位にチャートインするなど、ロングヒットとなっている。

テイト・マクレー「ユー・ブローク・ミー・ファースト」MV

2021年3月には、ソニーの最新商品の空間再現ディスプレイ(Spatial Reality Display)向けに「ユー・ブローク・ミー・ファースト」の3D 没入型ミュージックビデオを制作。テイトの実際の動きをもとにCGIで動きを再現し、テイトと同じ空間にいるような没入感の高い映像だ。現在YouTubeでは同映像を2Dにレンダリングした映像が公開中。

Tate McRae - you broke me first (An Immersive 3D Version Made For Spatial Reality Display)

フォーブス誌が毎年発表している、様々なカテゴリーで世界を変える30歳未満の30人を選出する企画「30アンダー30」にて、2021年版の音楽部門で最年少で選出されているテイト。そのほかにもアマゾンの「Artist To Watch 2021」リストや、米ビルボードの「21 Under 21 One’s To Watch」リストにも選出されており、去年に続き今年も彼女の活躍に期待が高まっている。


リリース情報

テイト・マクレー | Tate McRae

『トゥー・ヤング・トゥー・ビー・サッド|TOO YOUNG TO BE SAD』

配信中(2020年3月26日)

https://sonymusicjapan.lnk.to/TateMcRae_TYTBSAW

収録曲

1. バッド・ワンズ | bad ones

2. ラバーバンド | rubberband

3. スロウワー | slower

4. アー・ユー・オーケイ | r u ok

5. ユー・ブローク・ミー・ファースト | you broke me first

6. ウィッシュ・アイ・ラヴド・ユー・イン・ザ・90s | wish iloved you in the 90s

テイト・マクレー:プロフィール

https://www.sonymusic.co.jp/artist/tatemcrae/profile/

●カナダ出身、現在17歳(2003年7月1日生まれ)のシンガーソングライター/ダンサー。弁護士の父とダンス講師の母をもち、6歳の頃からダンスを学ぶ。

●7歳で自身のYouTubeチャンネルを立ち上げ、ダンスなどの投稿を開始。翌年には本格的にダンスの競技の世界にのめりこみ、毎日6時間以上の練習をこなしていた

●13歳でアメリカの人気ダンスオーディション番組『アメリカン・ダンスアイドル/So You Think You Can Dance』に出演し、見事準優勝に輝いた。ダンサーとして『エレンの部屋/The Ellen DeGeneres Show』や『Teen Choice Awards』など様々な番組やアワードに出演履歴をもつ。

●ジャスティン・ビーバー本人に選ばれたキッズダンサー4人のうちの1人として、ジャスティンのPurpose World Tour 2016に出演。

●2017年に 初めて書き上げたオリジナルソング「One Day」を投稿し。1時間で書き上げたというこの曲の動画は3,500万回再生を超えており(2021年現在)、彼女のシンガーソングライターとしての才能を見せつけた。

●2019年、レコード会社11社による争奪戦の末、本人の意思で米RCARecordと契約を結び、本格的にアーティストとしての道を歩み始めた。RCAとの契約を発表した8月28日に、記念としてビリー・アイリッシュとフィネアス作詞作曲の「tear myself apart」をリリース。

●2020年1月にデビューEP『all the things i never said』をリリース。同年4月に発表したシングル「ユー・ブローク・ミー・ファースト」がTikTokなどをきっかけに世界中でヒットに。新型コロナウイルスの影響でカナダの実家に戻った際に友人と共にiPhoneで一発撮りで撮影したミュージック・ビデオも現在8,000万回再生を超えている。2021年3月13日付けの全米シングル・チャートで自身最高の17位にランクインを果たし、ロングヒットを記録している。

●「2020 MTV Video Music Awards」では<最優秀MTV PUSH新人アーティスト賞/PUSH BEST NEW ARTIST>、「2020 MTV Europe Music Awards」では<最優秀"MTV PUSH"賞/BEST PUSH>にノミネートされ、さらに米ビルボードが選ぶ「21 Under 21 Ones To Watch」や米フォーブスが選ぶ「Forbes 30 Under 30」にも音楽カテゴリーで選出された

●2021年3月、セカンドEP『トゥー・ヤング・トゥー・ビー・サッド』から先行シングル「スロウワー」をリリース。Apple MusicにでApple Nextに選出され、独占インタビュー映像も公開された。

関連サイト

●テイト・マクレー ソニーミュージックによる日本公式サイト: https://www.sonymusic.co.jp/artist/tatemcrae/

●テイト・マクレー 海外オフィシャル・サイト: https://www.tatemcrae.com/

●テイト・マクレー 公式インスタグラム: https://www.instagram.com/tatemcrae/

●テイト・マクレー 公式ツイッター:https://twitter.com/tatemcrae

オリヴィア・ロドリゴ

オリヴィア・ロドリゴとは? デビュー曲がいきなり全世界で記録づくしの大ヒット! 次世代のテイラー・スウィフトとの呼び声も高い新星実力派シンガーソングライターの素顔に迫る

2021年3月7日
アライナ・カスティーロ

SNSで話題の新星歌姫アライナ・カスティーロにインタビュー! 新曲「wishlist」のMVには日本の大人気バーチャルタレントも出演

2020年11月25日
『ザ・プロム』

ネットフリックス映画『ザ・プロム』、メリル・ストリープ&ニコール・キッドマン&新星女優陣が贈る極上ミュージカル初映像解禁[動画あり]

2020年10月23日
ジョニー・オーランド

カナダ発の新星シンガー・ソングライター、ジョニー・オーランドにインタビュー! 次のジャスティン・ビーバーと呼ばれることについてどう思う…? さらに「日本は一番行きたいところ」とうれしいコメント[写真・動画あり]

2020年9月24日

ビリー・アイリッシュ所属レーベルの新星20歳、オリバー・マルコムが新曲「Helen」をリリース配信

2020年3月27日
tvgrooveをフォロー!