ネットフリックス、一部の国で配信が禁止されてしまった9作品を紹介! 政府によって消されてしまった作品とは・・

ハサン・ミンハジ: 愛国者として物申す
ハサン・ミンハジ: 愛国者として物申す

ネットフリックスは、2015年から現在まで、世界の政府によって禁止されてしまった映画やドラマのリストを公開した。

数多くの作品を配信しているストリーミング・サービスのネットフリックスは、声明で「私たちはクリエイターに世界中の視聴者にリーチする能力を提供します。場合によっては、政府による削除の要求により、特定の国では特定のタイトル、またはそのエピソードを削除することを余儀なくされています」とコメントしている。

・ブリッジ ~国境に潜む闇(2013年)

2015年、この映画はニュージーランドでは好ましくないとみなされ、ニュージーランドのネットフリックスから削除された。この映画では、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジでの自殺未遂を記録している。

・ナイト・オブ・ザ・リビングデッド(1968年)

1968年公開のアメリカのホラー映画『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』は、ドイツ青年保護委員会からの苦情を受けて、2017年にドイツのネットフリックスから削除された。

・フルメタル・ジャケット(1987年)

戦争映画である『フルメタル・ジャケット』は、2017年にベトナム放送電子情報局(ABEI)の要求により、ベトナムのネットフリックスから削除された。

・クッキング・ハイ: マリファナ料理対決(2018年)&The Legend of 420(2017年)&ハイ・ライフ(2017年)

この3つの作品はすべてマリファナに焦点をあてていることから、2018年にシンガポールのネットフリックスにて削除された。

・最後の誘惑(1988年)

『最後の誘惑』は、イエス・キリストの神性と究極の運命を受け入れる旅をたどる映画だが、2019年、シンガポールのネットフリックスから削除された。

・ハサン・ミンハジ: 愛国者として物申す(2018年)の1エピソード

2019年、サウジアラビア通信情報技術委員会は、同シリーズの「サウジアラビア」と題された1つのエピソードの削除を要求し、サウジアラビアで削除された。

・The Last Hangover(2018年)

同作は、イエスの弟子たちが最後の晩餐パーティーの後に目を覚まし物語が展開。2020年にシンガポールのネットフリックスにて削除された。

現在のトップはどの作品?

ネットフリックス、2021年の現時点で最も見られている作品はアレ! トップ10が発表[動画あり]

2021年3月25日
第92回アカデミー賞授賞式より

第93回アカデミー賞ノミネーション発表! ネットフリックス『Mank/マンク』が最多10部門、主演男優賞にチャドウィック・ボーズマンがノミネート[リストあり]

2021年3月16日
「クイーンズ・ギャンビット」

チェスの天才少女を描いたネットフリックスの人気作「クイーンズ・ギャンビット」、なんとミュージカルになることが決定

2021年3月9日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、自身の恋愛遍歴をバカにしたネットフリックスのドラマを批判! その内容に「勤勉な女性を堕落させるのはやめたらどう」[画像あり]

2021年3月2日
ロリ・ロックリン

裏口入学事件がネットフリックスのドキュメンタリーに! FBIが盗聴した会話とインタビューを組み合わせた物語に・・[動画あり]

2021年2月24日
tvgrooveをフォロー!