メーガン妃について議論を繰り広げ番組降板となったシャロン・オズボーン、共同司会者の「シャロンから連絡も謝罪もなかった」発言に怒り心頭「私の評判を落とそうとしてるの?」

シャロン・オズボーン&シェリル・アンダーウッド「The Talk」インスタグラムより
シャロン・オズボーン&シェリル・アンダーウッド「The Talk」インスタグラムより

イギリスの有名司会者でオジー・オズボーンの妻として知られるシャロン・オズボーンが、番組「The Talk」を降板した件で、共同司会者であるシェリル・アンダーウッドが「彼女から謝罪がなかった」と新たに主張し、それにシャロンが反論している。

「The Talk」↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Talk(@thetalkcbs)がシェアした投稿

シェリルは自身のポッドキャスト「The World According to Sheryl」の最新エピソードで、シャロンとの口論以来、彼女と話をしていないことを明かした。さらに、シャロンから連絡があったかどうかという質問に関しては、証拠として自分の携帯電話のメッセージをスクロールしながら「いいえ!」と答えた。

しかし、これに対しシャロンは怒り心頭のようだ。シャロンはデイリー・メール紙に情報を自らリーク。シェリルに送信したとされる一連のメールのスクリーンショットを送り、さらに「私はこれらのメッセージをシェリルに送っただけでなく、彼女の楽屋まで直接行って謝罪したのよ。なぜ私がシェリルに謝っていないって言うの?私の評判を落とそうとしているの?正直に言って。教えてよ」と同紙に話した。

シャロンがスクリーンショットしたメールには「シェリル。水曜日に起こった出来事で、私の心は重く、深く悲しんでいるの」「この件で真の友人を失いたくないわ。休憩中にあなたに“失せろ”と言ってしまったこと、生放送中にあなたが泣いているふりをしていると非難したこと、そしてカッとなってしまったことについて謝ります」とつづってあった。

ことの発端は、メーガン・マークルのオプラ・ウィンフリーとのインタビューを非難して自身の番組を降板した友人のピアーズ・モーガンをシャロンが番組「The Talk」で擁護したこと。これがきっかけとなり、生放送中にシェリルと激しい口論を繰り広げた。その後、放送局CBSが「シャロン・オズボーンは『The Talk』を降板することが決定いたしました」と声明を発表した。

問題となった放送回の「The Talk」↓

 

tvgrooveをフォロー!