キャサリン妃、フィリップ殿下の葬儀で身に着けたジュエリーに込めた想いとは 実は“日本”にまつわるものであったことが明らかに[写真あり]

キャサリン妃
キャサリン妃

キャサリン妃がフィリップ殿下の葬儀で身に着けていたジュエリーには、深い意味が隠されていたようだ。

4月17日(土)にウィンザー城内にあるセント・ジョージ礼拝堂で執り行われたエリザベス英女王の夫エディンバラ公爵フィリップ殿下の葬儀。彼の孫であるウィリアム王子の妻キャサリン妃もエレガントなブラックドレスで出席した。

実はこのドレスに合わせて身に着けていたネックレスとイヤリングに、王室に敬意を込めた深い意味が隠されているという。

キャサリン妃が身に着けていた4連のパールネックレスは、かつてエリザベス女王が日本を訪れた際に日本政府から贈られたものだ。これは1982年オランダを訪れた際にウィリアム王子の母である故ダイアナ妃も身に着けていた。キャサリン妃は2017年にも、エリザベス女王とフィリップ殿下の結婚70周年を祝う記念式典でこのネックレスを着用している。

また葬儀にてキャサリン妃が身に着けていたイヤリングは、エリザベス女王がバーレーン君主から贈られたものだ。キャサリン妃は2016年の戦死者追悼式典(リメンバランス・デー)でもこのイヤリングを着用していたが、そのちょうど1年前にエリザベス女王が同じ式典で同じイヤリングを身に着けていたことからも大きな話題となっていた。 このイヤリングは1947年にエリザベス女王とフィリップ殿下がご結婚された際、その成婚を祝して贈られたものだという。

ピープル紙によると、このイヤリングは丸くかたどられた大きなダイヤモンドと、同じく丸い小さなダイヤモンド、さらに細長くカットされたダイヤとパールまでがつながったドロップタイプのものだという。

キャサリン妃はエリザベス女王夫妻と関わりの深いジュエリーを選ぶことで、フィリップ殿下だけでなく最愛のパートナーを失ったエリザベス女王にも敬意を表していたようだ。

メーガン妃

フィリップ殿下の葬儀を欠席したメーガン妃、フィリップ殿下に追悼の意を込めた〇〇を送っていたことが明らかに

2021年4月19日
エドウィナ・バーソロミュー

オーストラリア人司会者、番組の中でメーガン妃に対し「もう黙ってて!」と言い放ち炎上 彼女がキレた理由とは・・

2021年4月17日
左からチャールズ皇太子、ウィリアム王子、キャサリン妃、メーガン妃、ヘンリー王子

メーガン妃と王室の現在の関係は? ヘンリー王子のイギリス一時帰国が和解のきっかけになるか・・?

2021年4月16日
ウィリアム王子と、ヘンリー王子

フィリップ王配の葬儀で、ウィリアム王子とヘンリー王子に関するオドロキの詳細が明らかに 現在険悪ムードのふたりはどうなる・・?

2021年4月16日
エリザベス女王と、メーガン妃

エリザベス女王、ヘンリー王子の妻メーガン妃がフィリップ王配の葬儀を欠席することをどう感じている? 王室の情報筋が意外なコメント

2021年4月15日
tvgrooveをフォロー!