映画「クリード 炎の宿敵」、シルベスター・スタローン&マイケル・B・ジョーダンのコメント入りファン必見の特別映像が公開!テーマの一つである【家族】を描く見応えのあるドラマを紹介

全世界待望の第二章『クリード 炎の宿敵』より、シルベスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダンらが登場人物の心情を語る特別映像が公開された。

2015年、『ロッキー』シリーズの新章として公開され、全世界興収1億7,356万ドルを記録した『クリード チャンプを継ぐ男』。アドニスとロッキーの世代を超えた友情、リアルでダイナミックなファイトシーン、ひたむきに夢を追い求める姿が共感を呼び大ヒットし、批評家・観客からも“シリーズ最高の興奮と感動ドラマ”と大絶賛された。

『ロッキー4/炎の友情』でロッキーの親友アポロの命を奪ったドラゴ。今、その息子同士の戦いが始まる。ロッキーの指導の下、世界王者に上り詰めたアポロの息子、アドニス・クリード。対するはドラゴの息子、ヴィクター。“殺人マシーン”と呼ばれた父から全てを叩き込まれた最強の挑戦者だ。宿敵を前に、過酷な試練が2人を待ちうける―。

この度、シルベスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダンらが登場人物の心情を語る特別映像が解禁となった。本編映像と、メインキャストによるコメントを交えたこの映像で、公開前の予習はバッチリ。

今回解禁された特別映像は、「Who’s In Your Corner」=「誰が為に戦う」と題された特別編だ。タイトルの通り、クリードには師であるロッキー、ヴィクターには父のイワン・ドラゴがいるが、ただそれだけではない。本作のテーマの一つである”家族”を描く見応えのあるドラマを紹介するファン必見の映像だ。

【動画】映画『クリード 炎の宿敵』特別映像【誰が為に戦う編】

予告編で「リングでは一人ではない」と独白する言葉が象徴するように、映像はアドニスから恋人ビアンカへのプロポーズのシーンから始まる。

マイケル・B・ジョーダンはビアンカとアドニスの関係の進展を「アドニス自身とボクサーとしての進化にとって大切なものだ」と述べ、ビアンカ役テッサ・トンプソンは「この映画に中心的テーマがあるなら、それは家族だと思う」と言葉を寄せる。

“家族”を描くドラマが感動を誘う本作は、アドニスだけではなく、彼の宿敵として登場するイワン・ドラゴとその息子ヴィクター父子のドラマも濃密に描かれる。33年ぶりにドラゴを演じたドルフ・ラングレンは、「痛みを抱え、世界に対する怒りに満ちている。33年前ロッキー・バルボアに敗れたからだ」とドラゴの心境を解説。

『ロッキー4/炎の友情』でロッキーに敗北を期した際の映像に、「お前のせいで何もかも失った」と憎しみを込めてロッキーに告げる本編シーンが重なる。「だからドラゴは何としても勝ちたい。そのためには息子を利用するしかない」と続けるラングレンのコメントに、息子ヴィクターの試合を見守る父の姿が映し出される。

“殺人マシーン”ドラゴの血を継ぐ強烈なパンチで対戦相手をダウンさせるヴィクターを演じたフロリアン・ムンテアヌは、息子が戦う理由を「ヴィクターは父親から愛と尊敬を得たいだけなんだ」と分析する。

一方のアドニスが戦う理由について、「いつも何かを証明したいと思っている」と語るジョーダン。ドラゴ親子の挑戦を受けると決意したアドニスの耳には、「やつには失うものがない。失うものがないボクサーは危険だ!」というロッキーの忠告も届かない。

スタローンは、「ロッキーにはアドニスしかいない。彼は歴史が繰り返すことを恐れている」と語り、『ロッキー4/炎の友情』でアポロを失った悲しみを二度と体験したくないロッキーの心情を代弁する。

無謀な戦いを止めようとするロッキーと、がむしゃらにリングに向かおうとするアドニスを見守る家族。地位も名誉もすべてを奪ったロッキーへの復讐に燃えるイワンと、父のためにアドニスに勝つことだけを願う息子のヴィクター。

クライマックスとなる戦いに向けて、マイケル・B・ジョーダンは、「アドニスにとって家族は大事だ。ビアンカも同じ気持ちだ。ロッキーも、アドニスの母親も。全員でドラゴと戦う」と語る。

公開情報

『クリード 炎の宿敵』
2019年1月11日(金)全国ロードショー
©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

tvgroove

セレブ、エンタメ、ファッション、ゴシップ情報・ニュースメディア

☆Twitterで最新情報を発信中!今すぐフォロー!