ヘンリー王子&メーガン妃、娘にリリベットと名付けたのは「エリザベス女王に失礼」!? 専門家が怒ったワケとは・・

ヘンリー王子と、メーガン妃
ヘンリー王子と、メーガン妃

先日、第二子となる娘リリベットが誕生した、イギリス王室のヘンリー王子メーガン妃。しかしある王室専門家は、その娘の名前を「失礼だ」とコメントしている。

ヘンリー王子とメーガン妃夫妻は今年2月、第二子を妊娠していることを発表。3月に放送されたオプラ・ウィンフリーとのインタビューでは、お腹の子が女の子であると明かしていた。そして6月4日に娘リリベット・リリ・ダイアナ・マウントバッテン・ウィンザーが誕生したことを発表した。

娘の名前であるリリベットは、ヘンリー王子の祖母であるエリザベス女王の幼少期の家族間のニックネームで、4月に亡くなられたフィリップ殿下も女王のことをずっとこのニックネームで呼んでいたという。またミドルネームのダイアナは、ヘンリー王子の亡き母ダイアナ元妃からとっている。

娘リリベット誕生後、イギリス王室は祝福の声明を発表したが、王室の伝記作家であるアンジェラ・レヴィンはこの名前を付けたことを「失礼」だと思っているという。

アンジェラ・レヴィンは「(リリベットと名付けたことは)いい考えだとは思いません。女王陛下にとって非常に失礼だと思います。リリベットという名前は、亡くなられたフィリップ殿下が女王のことをそう呼んでいたとてもプライベートなニックネームなのです」と、「Good Morning Britain」のインタビューで語った。

また王室批判を続けるヘンリー王子と確執があると言われているチャールズ皇太子はどう思っているかわからないが、アンジェラは「チャールズ皇太子は、自身の母親の名前をとるなんて夢にも思わなかったでしょう」と、コメントしている。

このようにリリベットと名付けたことに批判の声があるものの、他の人は、女王のニックネームをつけたことで、この先もリリベットが残り続け、ある種王室の若いの試みにおける、女王への賛辞であるとも考えているようだ。

ヘンリー王子と、メーガン妃

エリザベス女王やウィリアム王子ら、ヘンリー王子とメーガン妃の第二子誕生を祝福! バッキンガム宮殿が声明を発表

2021年6月8日
メーガン妃とヘンリー王子

イギリス王室のエドワード王子とソフィー妃、ヘンリー王子夫妻の王室離脱騒動に初めて言及! ふたりが放った“ジョーク”とは・・

2021年6月8日
ヘンリー王子と、メーガン妃

ヘンリー王子とメーガン妃、王室公式サイトでの掲載順が変更される! その理由とは・・ ネット上では「完全に削除すべきだ」との厳しい声も

2021年6月8日
左からウィリアム王子、エリザベス女王、ヘンリー王子

エリザベス女王、王室批判を続ける孫のヘンリー王子を見放さずにいる! メンタルヘルスを心配か

2021年6月8日
ヘンリー王子とメーガン妃(インスタグラムより)

【速報】ヘンリー王子&メーガン妃に、第二子となる女の子が誕生! エリザベス女王と亡き母ダイアナ元妃にちなんだ名前にファンたちも感動

2021年6月7日
メーガン妃とヘンリー王子

ヘンリー王子&メーガン妃、イギリス国民たちから「称号を返上すべき」との声が上がる中、彼らを待ち受ける未来とは? 実は称号があろうとなろうと、夫妻にとっては好都合!?

2021年6月4日
tvgrooveをフォロー!