ダヴ・キャメロン、実写版「パワーパフガールズ」が“撮影やり直し”になった理由を明かす

ダヴ・キャメロン
ダヴ・キャメロン

女優で歌手のダヴ・キャメロンが、自身が出演している実写版「パワーパフガールズ」のパイロット版の撮影がやり直しになった件について言及している。

「パワーパフガールズ」は、1990年代後半~2000年代前半に米CWで放送され大人気アニメ。昨年夏に実写化されることがニュースになり、バブルス役には、ディズニー・チャンネルの『ディセンダント』シリーズで知られるダヴ・キャメロン、ブロッサム役にドラマ「エージェント・オブ・シールド」のクロエ・ベネット、バターカップ役にミュージカル舞台のバックグラウンドを持つ女優のヤナ・ペローが決定した。

今年4月にはパイロット版(先行して製作された映像媒体)の撮影がスタートし、その様子がパパラッチされ、ファンたちの期待も高まっていたが、先月下旬、4月におこなった撮影分は破棄し、作り直すことが明らかになった。

この件について、メインキャラクターの一人を演じているダヴ・キャメロンがコメントしている。

「ET」のインタビューに応じたダヴは、撮影やり直しについてダヴは「まだスタッフたちは色々変えているから私が何か言うことはできないの」とし、「台本がリークしたからパイロット版をやり直すことにしたんじゃないの。ただうまくいかなかったの。いずれにせよいくつかの理由によって私たちは再撮影しなければならなかったの」とコメント。撮影やり直しにはいくつか理由があったようだ。

また作品についてダヴは「それを近代化させて、通常は一緒にならないような様々なものをフィットさせるようにして、それはまるでパズルのピースのようなものなの。だから一部の要素を削除して、他の要素を置き換えたりするの」と、実写化させるむずかしさについても明かした。

以前にもCWの会長兼CEOであるマーク・ペドウィッツは、TV Lineの取材で「時々ものごとは上手くいかない時がある。これはただの失敗だったんだ」とコメント。またパイロット版がちょっと“やりすぎ”な内容になってしまったとも明かしていたが、キャストやスタッフたちを信頼しているとコメントしている。

実写版「パワーパフガールズ」オフィシャル写真

実写版「パワーパフガールズ」、なんとパイロット版の撮影をやり直すことに 放送局CWの会長もコメント「ただの失敗だった」

2021年5月26日
実写版「パワーパフガールズ」オフィシャル写真

ダヴ・キャメロンら出演! 実写版「パワーパフガールズ」のオフィシャル写真が初公開! 撮影現場がパパラッチされた時と〇〇が違う・・?[画像あり]

2021年4月13日
左からクロエ・ベネット、ダヴ・キャメロン、ヤナ・ペロー

実写版「パワーパフガールズ」の撮影がついにスタート! ダヴ・キャメロンらがキュートな衣装に身を包んだ姿がパパラッチされる[写真あり]

2021年4月8日
ダヴ・キャメロンと、トーマス・ドハティ

ダヴ・キャメロン&トーマス・ドハーティと交際4年で破局! SNSに破局したことをファンたちに報告 「今年の10月に・・」

2020年12月14日
ダヴ・キャメロン

ディズニーの人気映画『塔の上のラプンツェル』が実写化へ! あのダヴ・キャメロンがラプンツェル役に立候補!?

2020年2月18日
tvgrooveをフォロー!