新リブート版「iCarly(アイ・カーリー)」は“オトナ向け”!? 出演者のコメントが話題 「性的なシチュエーションが・・」「子供が見るものじゃない」

新リブート版「iCarly」
新リブート版「iCarly」

iCarly(アイ・カーリー)」のリブート版は、どうやらより「オトナ向け」の内容になりそうだ。

「まぁ、アンドリュー・ダイス・クレイのコンサートみたいなものだよ」と冗談まじりに語ったのは、リブート版で続投が決定しているジェリー・トレイナーだ。彼はさらに、「もちろん違うけど、前作よりもっとリアルになってる。そう、性的なシチュエーションが出てくるということだよ」と明かし、「みんな知ってるとおり、僕がリブート版の予告編で『クソッ』って言ったことが話題になってたよね。でも、僕たちはもう大人だからね」と前作との違いを強調した。

オリジナル版「アイ・カーリー」は2007年から2012年にかけて放送されたティーン向けシットコムだ。ミランダ・コスグローブ演じる主人公カーリーが、自ら手がけたインターネット番組を通じて人気者になっていく様子を描いていた。

またこの作品でフレディ・ベンソンを演じたネイサン・クレスは、Page Six の取材に対し「これはアダルト向けの作品だよ。子供が見るものじゃないね」と強調。「でも、僕らにとってはとても楽しみなことなんだ。前作から10年経って、キャラクターたちがどのように成長しているのか、どういう生き方をしてきたのか、それが見られるだけでもうれしい。とてもリアルな演出でね」と続けた。

一方、オリジナル版でサム・パケットを演じたジェネット・マッカーディーは、リブート版への出演を否定している。

先日、自身が司会をつとめるポッドキャスト番組「Empty Inside」に登場したジェネット・マッカーディーは、「私の女優としての経験を振り返ると、実は過去に演じたものの中ですごく恥ずかしいと感じているものがあるの」と告白。「私は自分のキャリアをあらゆる意味で後悔しているわ。自分の演じた役には全然満足していないし、安っぽいし、恥ずかしいという感情しかないわ」と語っていた。

新リブート版「iCarly」

ついに復活! ミランダ・コスグローヴ主演、ニコロデオンの人気ドラマ「iCarly(アイ・カーリー)」の新リブート版の予告編がついに公開 配信日も明らかに[動画あり]

2021年6月2日
ジェネット・マッカーディ

「iCarly(アイ・カーリー)」ジェネット・マッカーディ、なんと女優業を引退することを宣言しファンたちに衝撃が走る! 演技を辞めた意外な理由とは

2021年3月3日
tvgrooveをフォロー!