性的暴行により刑務所で服役していた米コメディアン ビル・コスビー、なんと有罪判決が破棄され釈放される

ビル・コスビー
ビル・コスビー

アメリカのコメディアンで、性的暴行により刑務所で服役していたビル・コスビー(83)が、なんと有罪判決が破棄され釈放された。Varietyが伝えている。

ビル・コスビーといえば、2004年に自宅でアンドレア・​コンスタンドさんに薬を摂取させて、性的暴行を行った容疑で検察から起訴されたが、しかし弁護側は合意の上であったと主張。評決不一致により審理無効となったが、この件をキッカケに50人以上もの女性がビル・コスビーから性的暴行をされたと訴え、人気コメディアンの本性が暴かれ大きなニュースとなった。2018年4月、コスビーは自宅で女性に性的暴行をした容疑で有罪となり、禁錮3~10年の判決を受け、モンゴメリー郡にある州立刑務所収容施設において服役することとなった。

しかし今回、コスビーが釈放されることとなり、世間に衝撃が走っている。

6月30日、Varietyの報告によると、ペンシルベニア州の最高裁判所は、公正な審理がおこなわれなかったとして、コスビーの有罪判決を破棄し、釈放を認めたと伝えている。これにより、コスビーは同日に釈放され自宅へと戻った。

裁判所によると、コスビーは2005年に元監察官のブルース・キャスターと不起訴合意したことで、最高裁は検察による裁判手続きにおいての違法があったと説明している。

自宅に戻ったビル・コスビー↓↓

また判決では「コスビーが自白しない限り、事件、コスビーに対するいかなる告発も、証明できる十分な信頼性と許容性の証拠がなかったと結論付ける」と述べている。

釈放後、コスビーは自身のツイッターを更新。ずっと無実を主張してきたとし、ペンシルベニア州最高裁判所、ファン、サポーター、友人たちに感謝のメッセージをおくった。

ケヴィン・スペイシー

性的暴行疑惑のケヴィン・スペイシー、イタリア映画で俳優業復帰へ 同作の監督のコメントとは・・

2021年5月26日
マリリン・マンソン

マリリン・マンソン、元アシスタントからも性的暴行で訴えられる!「Myspaceを通じて知り合って・・・」

2021年5月19日
ケヴィン・ガスリー

『ファンタスティック・ビースト』でアナバシーを演じた俳優、性的暴行で懲役3年の判決を受ける

2021年5月15日

「マッドメン」が謳歌した男の横暴振りに辟易した現代女性を描く「Dietland」 – 「マッドメン」クリエイターのセクハラを野放しにしたAMCのせめてもの罪滅ぼし?AMCが男至上主義から’女の敵’吊し上げに寝返った裏事情

2018年7月20日

第一印象は「何、これ!」#MeToo運動を過激に描写する異色作「Dietland」は今、一番面白い!痩せれば幸せを掴めるのか?男尊女卑社会に楯突く時が来た!女性必見のドラマ

2018年7月16日
tvgrooveをフォロー!