『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』3度の公開延期を経て、ついに日本公開が10月1日(金)に決定! “ダニエルボンドのフィナーレ”に向けついに始動

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

全世界待望の「007」シリーズ 25 作目、前作『007 スペクター』から実に 6年の時を経て、シリーズ最新作となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が 、2021年10月1日(金)から日本で公開されることが決定した。

当初2020年4月の日本公開を予定していた本作。MGM、ユニバーサルならびに本作の製作を務めるマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリにより全世界の映画興行における状況を検証した結果、3度の公開延期が発表されましたが、このたびついに公開日が10月1日(金)に決定、さらに北米公開よりも先駆けて上映される予定だ。

本情報が解禁される日は、“007”にちなみ、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』日本公開日の ”77日前”。多くの熱狂的な007ファン、映画ファンが長きにわたり待ち続けた劇場公開に向け本格的に始動する。早速、本日午前8時から『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開記念スペシャルサイト「#007 待ちきれない」(https://moviewalker.jp/special/007/)を立ち上げ、本作を劇場で観ることを心待ちにして期待で破裂しそうな各界のファンから寄せられた数々の期待コメントを掲載していく予定。ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド、最後にして集大成。もう待たせない。「ついに、時は来た」。

あらすじ

ボンドは現役を退きジャマイカで穏やかな生活を満喫していた。しかし、CIA出身の旧友フェリックス・ライターが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わってしまう。誘拐された科学者を救出するという任務は、想像を遥かに超えた危険なものとなり、やがて、凶悪な最新技術を備えた謎の黒幕を追うことになる。


『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ 』(※007は半角、/は全角表記)
監督:キャリー・ジョージ・フクナガ/製作:バーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン
脚本:ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、スコット・バーンズ、キャリー・ジョージ・フクナガ、
フィービー・ウォーラー=ブリッジ
出演:ダニエル・クレイグ、ラミ・マレック、レア・セドゥ、ラッシャーナ・リンチ、アナ・デ・アルマス、
ベン・ウィショー、
ジェフリー・ライト、ナオミ・ハリス、レイフ・ファインズ
公式FACEBOOK:www.facebook.com/JamesBond007
※端末の地域設定によって表示される国のページが異なります。
公式:@007movie_JP  配給:東宝東和

ダニエル・クレイグ

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』、公開日をふたたび延期へ…10月に公開予定

2021年1月22日
ショーン・コネリー

『007』初代ジェームズ・ボンド役 ショーン・コネリーが死去 享年90歳

2020年11月1日
ダニエル・クレイグと、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリ

映画『007』シリーズのジェームズ・ボンド、次はいったい誰が務める? この質問に同作のプロデューサーがコメント

2020年10月16日
ビリー・アイリッシュ

超かっこいい! ビリー・アイリッシュ、ついに『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』テーマソングのMVが公開![動画あり]

2020年10月2日
『ベスト・オブ・ボンド』

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開に合わせて、コンピレーション・アルバム『ベスト・オブ・ボンド』発売決定

2020年9月28日
tvgrooveをフォロー!