ウィリアム王子とキャサリン妃、あの場所へ引っ越し・・? その理由は女王のためか

ウィリアム王子と、キャサリン妃
ウィリアム王子と、キャサリン妃

ウィリアム王子キャサリン妃が、イギリス南東部にある都市ウィンザーへ引っ越すことを検討しているという。少しでも女王の近くで暮らすためだ。

テレグラフ紙が報じたところによると、ウィリアム王子夫妻はウィンザー城近くへの引越しを「真剣に検討」しており、ウィンザー・グレート・パーク周辺で不動産を探しているというのだ。

なお夫妻は現在、ロンドンのケンジントン宮殿とノーフォークのアンマー・ホールを行き来している状態だ。

引越し先の選択肢として考えられるのは、2018年5月にウィリアム王子の弟ヘンリー王子とメーガン妃が結婚式を挙げたフロッグモア・ハウスだろう。

なおエリザベス女王は今後、これまで暮らしてきたバッキンガム宮殿を離れ、夏季休暇以降ウィンザー城に永住する予定だとされている。73年間連れ添い、今年4月に亡くなった夫フィリップ殿下が眠るウィンザー城は、新型コロナウイルス感染拡大にともなうロックダウン期間に夫婦で過ごした特別な場所だ。

ウィンザー城からフロッグモア・ハウスまでは800メートルに満たない近距離のため、もしこの場所に引っ越すとなれば、女王の元へも通いやすくなるだろう。

王室関係の情報筋は今回の夫妻の引っ越しについて、ジョージ王子(8)、シャーロット王女(6)、ルイ王子(3)の3人の子を持つウィリアム王子とキャサリン妃は、エリザベス女王のすぐそばで暮らすことで、95歳になる女王をよりきめ細やかにサポートしようと考えているのではないかと明かしている。

またこの引越しにともない、ウィリアム王子夫妻の公務が増える可能性もあるという。これは昨年、ヘンリー王子とメーガン妃が王室を離脱したことも影響しているようだ。

左からウィリアム王子、キャサリン妃、メーガン妃、ヘンリー王子

ウィリアム王子&ヘンリー王子、ついに和解へ!? 「それぞれの距離がかなり近づいている」「◯◯で会話している」

2021年8月26日
ウィリアム王子と、キャサリン妃

ウィリアム王子とキャサリン妃、フィリップ殿下の死後「辛い時期があった」とつづる

2021年8月20日
シャーロット王女

ウィリアム王子とキャサリン妃、シャーロット王女の新たな写真を公開! 自然の中で蝶々を優しく手にする姿に「可愛らしい」とネットの声[写真あり]

2021年8月9日
左からウィリアム王子、キャサリン妃、メーガン妃、ヘンリー王子

イギリス王室ウィリアム王子とキャサリン妃、確執がウワサされるメーガン妃に誕生日メッセージを投稿[写真あり]

2021年8月5日
プリヤンカー・チョープラー

プリヤンカー・チョープラー、長年の友人メーガン妃のためにウィリアム王子とキャサリン妃を“シカト”? ウィンブルドンでのある写真が話題に[写真・動画あり]

2021年7月15日
tvgrooveをフォロー!