『ドクター・ストレンジ』ベネディクト・カンバーバッチ、マーベル仲間スカーレット・ヨハンソンの『ブラック・ウィドウ』訴訟に反応

ベネディクト・カンバーバッチと、スカーレット・ヨハンソン
ベネディクト・カンバーバッチと、スカーレット・ヨハンソン

マーベル映画『ドクター・ストレンジ』で主演を務めているベネディクト・カンバーバッチが、女優スカーレット・ヨハンソンの『ブラック・ウィドウ』訴訟に反応している。

スカーレット・ヨハンソンが主演を務めるマーベル映画『ブラック・ウィドウ』が、今年7月に映画館と動画配信サービス「ディズニープラス」内で追加料金を支払い視聴する「プレミア・アクセス」の両方で同日に公開された。しかしスカーレットは、これが契約違反であり、ストリーミングでも公開されたことにより、興行収入に応じて得られる報酬に影響したとして、ディズニーを訴えたのだ。これにディズニーは反論し、両者まだ争っている最中である。

そんな中、同じくマーベル作品の『ドクター・ストレンジ』で主演を務めているベネディクト・カンバーバッチが、スカーレットとディズニーのこの訴訟に関してコメントを発表した。

▽Disney+ (ディズニープラス)入会方法

今回The Hollywood Reporterのインタビューに応じたベネディクトは、この話題について聞かれると「弁護士間で起きている今回の件は悲しいことです。『世界的パンデミックの状況下を踏まえて』という言い回しと非難、全てがちょっと混乱してしまっているよね」と、ディズニー側がスカーレットに対し、スカーレットの訴えがパンデミックを無慈悲に無視しているとコメントしたことを非難した。

さらにベネディクトは「僕たちはディズニーという10億ドル規模のビジネスに貢献するアーティスト(役者)たちの収入源がどうあるべきかを理解しようとしている。そして、それは契約されなければならない。報酬と興行収入によるボーナスによるアーティスト側の収入はどうなるのか?これは新しいパラダイム(物事の見方、捉え方)であり、非常に複雑なんだ。誰もこれを予期したことがなく、誰も『ああ、そうされるべきだった』というべきではないと思う。『ブラック・ウィドウ』は、パンデミック時に公開が予定されていた作品だった。作品は行き詰まり何度も公開が延期された。これは新しい領域なんだ」と、厳しい状況について語った。

ベネディクトは、今年12月に全米公開される予定の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にドクター・ストレンジとして出演しており、また自身が主人公の『ドクター・ストレンジ』の続編が2022年に公開が予定されている。

スカーレット・ヨハンソン

『ブラック・ウィドウ』の報酬をめぐり裁判中のスカーレット・ヨハンソン、彼女の弁護人がディズニー側のコメントに反論! 「女性差別的な攻撃」

2021年8月23日
『ワンダヴィジョン』、『ブラック・ウィドウ』

エリザベス・オルセン、『ブラック・ウィドウ』訴訟のスカーレット・ヨハンソンを支持「彼女はとてもタフだと思うわ」

2021年8月23日
『ブラック・ウィドウ』より

スカーレット・ヨハンソンの『ブラック・ウィドウ』訴訟は「PRキャンペーン」!? 俳優組合がディズニーに猛反論

2021年8月9日
スカーレット・ヨハンソン

スカーレット・ヨハンソン、『ブラック・ウィドウ』訴訟に関するディズニーの声明にショックを受ける! 業界は大混乱

2021年8月3日
『ブラック・ウィドウ』

『ブラック・ウィドウ』スカーレット・ヨハンソンの訴訟で、非難の的はディズニーCEOボブ・チャペックに!「タレントとの仕事の経験がないチャペックのせい」

2021年8月3日
tvgrooveをフォロー!