スカーレット・ヨハンソン、『ブラック・ウィドウ』訴訟に関するディズニーの声明にショックを受ける! 業界は大混乱

スカーレット・ヨハンソン
スカーレット・ヨハンソン

現在、ディズニーを訴えている『ブラック・ウィドウ』主演女優、スカーレット・ヨハンソン。彼女は、訴訟に関するディズニー側の対応にショックを受けているようだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Black Widow(@black.widow)がシェアした投稿

スカーレットは、マーベル・シネマティック・ユニバース『ブラック・ウィドウ』が7月に劇場とディズニープラスで同時に公開されたあと、契約違反を理由に、映画の公開をめぐってディズニーを訴えた。彼女の給与は映画の興行成績に大きく左右されていたとし、スカーレットと彼女のチームは『ブラック・ウィドウ』がディズニープラスでも配信されると決定した際に、ディズニー側が彼女との契約を再交渉しなかったとしている。

このスカーレットの訴訟に対し、ディズニー側は厳しい声明を発表した。スカーレットの訴訟には「何のメリットもありません」と反論し、「新型コロナウイルス大流行の世界的な影響による恐怖や長期化を無視していることは本当に悲しく、心苦しいです」と述べている。「ディズニーは、ヨハンソンさんの契約を完全に遵守しており、さらに、『ブラック・ウィドウ』をプレミア・アクセス付きのディズニープラスで公開したことで、これまでに受け取った2,000万ドルに加えて、彼女が追加の報酬を得る能力を大幅に向上しました」と付け加えた。

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス) 入会方法はこちら↑

これに「Time's Up」、「ReFrame」、「Women in Film」の各団体は、ディズニー社の声明をヨハンソンに対する「ジェンダーに基づく人格攻撃」とし、スカーレットの代理人であるブライアン・ルード氏は、独自の声明を発表。ディズニーの対応を非難した。

The Wrapの新たな報道によると、スカーレット自身が、この訴訟に関するディズニーの厳しい言葉にショックを受けているという。スカーレットの今回の訴訟は、他の俳優たちが訴訟を起こすキッカケになるかもしれないと、業界で大混乱を招いている。

一部の報道によると、『クルエラ』のエマ・ストーンも訴訟を検討していると伝えられている。

『ブラック・ウィドウ』

『ブラック・ウィドウ』スカーレット・ヨハンソンの訴訟で、非難の的はディズニーCEOボブ・チャペックに!「タレントとの仕事の経験がないチャペックのせい」

2021年8月3日
ジェラルド・バトラー

ジェラルド・バトラー、自身が主演を務めた人気作『エンド・オブ・ホワイトハウス』のプロデューサーを訴える! スカーレット・ヨハンソンに続き、報酬に関する訴えか

2021年8月2日
スカーレット・ヨハンソンと、エマ・ストーン

『ブラック・ウィドウ』スカーレット・ヨハンソンにつづき、『クルエラ』エマ・ストーンもディズニーを提訴か

2021年8月2日
『ブラック・ウィドウ』より

スカーレット・ヨハンソンがディズニーを訴えた件でファンが激怒!「ボイコットディズニー」のハッシュタグまで出来てしまう事態に

2021年7月31日
『ブラック・ウィドウ』

スカーレット・ヨハンソン、『ブラック・ウィドウ』のストリーミング配信をめぐってディズニーを提訴

2021年7月31日
tvgrooveをフォロー!