スカーレット・ヨハンソン、『ブラック・ウィドウ』のストリーミング配信をめぐってディズニーを提訴

『ブラック・ウィドウ』
『ブラック・ウィドウ』

『ブラック・ウィドウ』の主演を務めるスカーレット・ヨハンソンが、ディズニーを訴えている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Black Widow(@black.widow)がシェアした投稿

ウォール・ストリート・ジャーナル紙の報道によると、ディズニーが『ブラック・ウィドウ』を劇場公開と同時にディズニープラスにて配信スタートさせたことで、スカーレットとの契約が破られたと彼女は主張しているという。スカーレットの訴訟では、ディズニーのマーベル・エンターテインメントとの契約では、『ブラック・ウィドウ』が映画館で独占的に公開されることが保証されており、彼女の給与は映画の興行成績に大きく左右されていたと主張している。

匿名の情報源によると、『ブラック・ウィドウ』をディズニープラスで配信するという決断は、スカーレットに5,000万ドル(約54億8000万円)以上の損害を与える可能性があるとのことだ。

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス) 入会方法はこちら↑

これに対し、ディズニーは声明を発表。スカーレットの訴訟には「何のメリットもありません」と反論し、「新型コロナウイルス大流行の世界的な影響による恐怖や長期化を無視していることは本当に悲しく、心苦しいです」と述べている。「ディズニーは、ヨハンソンさんの契約を完全に遵守しており、さらに、『ブラック・ウィドウ』をプレミア・アクセス付きのディズニープラスで公開したことで、これまでに受け取った2,000万ドルに加えて、彼女が追加の報酬を得る能力を大幅に向上しました」と付け加えた。

映画館での公開時期に合わせてストリーミングサービスで映画を公開するスタジオが増える中、今回のスカーレットの訴訟は、ハリウッドにおける大きな問題を示唆しているのかもしれない。

『ブラック・ウィドウ』

マーベル社長ケヴィン・ファイギが『ブラック・ウィドウ』についてファンの質問にとことん回答!「 なぜこの時系列?」「お気に入りシーンは?」 今後のMCUについても言及[ネタバレあり]

2021年7月21日
『ブラック・ウィドウ』

スカーレット・ヨハンソン主演『ブラック・ウィドウ』全米初日3日間で8,000万ドル超えを記録! 全世界で特大級の大ヒット

2021年7月14日
デヴィッド・ハーバーとリリー・アレン、リリーの子供たち

「ブラック・ウィドウ」デヴィッド・ハーバー、役作りで27キロやせるも妻リリー・アレンは不満!? その理由とはいったい・・

2021年7月13日
『ブラック・ウィドウ』

スカーレット・ヨハンソン、ブラック・ウィドウ引退を認める発言をし話題に! 「私はナターシャとして戻る予定はない」と断言

2021年7月10日
エヴァー・アンダーソン

マーベル最新映画『ブラック・ウィドウ』、主人公の少女時代を演じる若手女優は、実はある“大物夫妻の娘”だった

2021年7月10日
tvgrooveをフォロー!