パトリック・デンプシー、「グレイズ・アナトミー」撮影現場で悪態をついていた!? 長時間の拘束にイライラ、周囲に当たり散らし「現場を恐怖に陥れていた」と暴露される

パトリック・デンプシー
パトリック・デンプシー

米人気医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」のデレク役で知られる俳優パトリック・デンプシー(55)が、同作への出演中「撮影現場を恐怖に陥れていた」として非難されている。

パトリックは、2005年から放送が開始された「グレイズ・アナトミー」に脳神経外科医デレク・シェパード役で出演。その甘いマスクで多くの視聴者を魅了したが、その後シーズン11をもって降板。降板理由について当時、クリエイターのションダ・ライムズとの不和や、女性スタッフとの「不適切な関係」が原因ではないかなどと報じられた。

「グレイズ・アナトミー」ファンに衝撃を与えたパトリックの降板劇だが、舞台裏ではどのようなことが起きていたのだろうか。来週発売となる、記者リネット・ライス氏の著書「How to Save a Life: The Inside Story of Grey's Anatomy」では、当時のパトリックの撮影現場での様子や、降板劇について語られている。

ライス氏は、「How to Save a Life: The Inside Story of Grey's Anatomy」を執筆するにあたり、「グレイズ・アナトミー」のキャストやスタッフ、80人以上にインタビューを実施。番組初期にプロデュースを務めたジェームズ・D・パリオットによれば、パトリックは度々撮影現場でプロフェッショナルらしからぬ振るまいを見せていたという。

「彼は現場を恐怖に陥れていました。彼のせいでPTSDになったキャストも何人かいました」

「ステキな人」「愛想がよい」とも評されるパトリックだが、シーズン11を撮影していた頃、キャストやスタッフからの評判は芳しくなかったようだ。

「彼は撮影現場で絶対の支配力を持っていて、撮影を中断し、みんなを脅かすことができるとわかっていました。ネットワークとスタジオ関係者がやってきて、話し合ったんです。彼は番組を終わらせたかったんだと思います。彼は毎日(現場に)来て、仕事することに不便さを感じていました。彼とションダは激しく対立していたんです」

同書には、パトリックの発言も掲載されており、その中で彼は「グレイズ・アナトミー」出演当時について次のような不満をもらしている。

「10か月、1日15時間(の仕事)。スケジュールがわからないから、子供に『月曜日は何しているの?』って聞かれると『わからない』と答えるんだ。だって、自分のスケジュールを知らないからね。それを11年続けるのは大変なことだよ。でも、十分な報酬を得ていることには感謝しないと。つまり、権利がないから不満は言えないんだ。スケジュールを管理できないから、柔軟じゃないといけないしね」

放送開始から早いもので16年。ご長寿ドラマとしていまなお多くの人々から愛されている「グレイズ・アナトミー」だが、どうやら舞台裏でもさまざまな“ドラマ”があったようだ。

サンドラ・オー

サンドラ・オー、人気海外ドラマ「グレイズ・アナトミー」への出演でトラウマになっていた! 世間からの注目が彼女に与えた影響とは・・?

2021年8月30日
エレン・ポンピオ

「グレイズ・アナトミー」エレン・ポンピオ、事実上の引退宣言!? 女優業を「やり尽くした」彼女の次なる挑戦とは・・?

2021年8月3日
「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」

「グレイズ・アナトミー」最新シーズンにあの人気キャラクター2人がカムバック! うれしいサプライズだけどファンたちはオドロキ! その理由とは・・[※ネタバレあり]

2021年4月3日
リア・ミシェル(左)、ヘザー・モリス

「glee/グリー」ヘザー・モリス、過去の悪態が暴露され炎上したリア・ミシェルについて語る! 「自分の場所ではないと感じた」 当時声をあげなかった理由とは・・

2021年5月27日
エレン・デジェネレス

「エレンの部屋」、職場のスキャンダルで多くのスポンサーを失っていた!出演拒否するゲストも

2020年12月10日
tvgrooveをフォロー!