第73回エミー賞授賞式が開催! ネットフリックスが初のドラマ部門作品賞を受賞、「ザ・クラウン」が主要部門を独占! リミテッド部門では「クイーンズ・ギャンビット」が栄冠で2つの作品賞に輝く大躍進

「クイーンズギャンビット」「ザ・クラウン」
「クイーンズギャンビット」「ザ・クラウン」

日本時間9月20日(月)、米国テレビ芸術科学アカデミー主催の第73回エミー賞授賞式が、ロサンゼルスのL.A.ライブにて開催され、ネットフリックスの「ザ・クラウン」と「クイーンズ・ギャンビット」が、それぞれドラマ部門、リミテッドシリーズ・映画部門で作品賞を受賞。同社にとって同部門初の作品賞受賞となった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Crown(@thecrownnetflix)がシェアした投稿

「ザ・クラウン」は、ドラマシリーズ部門の作品賞ほか、主演男優賞(ジョシュ・オコナー)、主演女優賞(オリヴィア・コールマン)、助演男優賞(トビアス・メンジーズ)、助演女優賞(ジリアン・アンダーソン)、ドラマシリーズの主要部門すべてで受賞。今年の同授賞式のハイライトとなった。

ネットフリックスは今年のエミー賞で最多の29のノミネーションを獲得。コメディシリーズ部門では「コブラ会」、「エミリー、パリへ行く」、「コミンスキー・メソッド」 、ドラマシリーズ部門では「ブリジャートン家」がノミネートされていた。

またコメディシリーズ部門では、AppleTV +の人気ドラマ「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」が作品賞、主演男優賞(ジェイソン・サダイキス)、助演男優賞(ブレット・ゴールドスタイン)、助演女優賞(ハンナ・ワディンガム)を受賞。Apple TV +はこの作品で、設立2年目にして史上最速での作品賞獲得となった。作品賞発表の際は、スタッフ出演者がそろってステージに登壇し、大盛り上がりとなった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Apple TV(@appletv)がシェアした投稿

今年は地上波、ケーブルテレビの作品ではなく、ストリーミングサービスの作品が初めて主要3部門の作品賞を受賞。歴史に残る授賞式となった。来年もストリーミングサービスの快進撃が続くか、それとも地上波、ケーブルテレビ局の逆襲があるか、注目される。

主要部門の受賞結果は以下の通り(★が受賞)

ドラマシリーズ部門

作品賞

「ザ・ボーイズ」 (Amazon プライムビデオ)
「ブリジャートン家」 (ネットフリックス)
★「ザ・クラウン」(ネットフリックス)
「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」(Hulu)
「ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路」 (HBO)
「マンダロリアン」 (ディズニープラス)
「POSE/ポーズ」 (FX)
「THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから」 (NBC)

主演男優賞 (Lead Actor in a Drama Series)

スターリング・K・ブラウン「THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから」
ジョナサン・メイジャーズ 「ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路」
★ジョシュ・オコナー「ザ・クラウン」
レジ=ジーン・ペイジ 「ブリジャートン家」
ビリー・ポーター「POSE/ポーズ」
マシュー・リース 「ペリー・メイスン」

主演女優賞(Lead Actress in a Drama Series)

ウゾ・アドゥバ 「イン・トリートメント」
★オリヴィア・コールマン 「ザ・クラウン」
エマ・コリン 「ザ・クラウン」
エリザベス・モス 「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」
MJ・ロドリゲス「POSE/ポーズ」
ジャーニー・スモレット=ベル「ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路」

助演男優賞(Supporting Actor in a Drama Series)

ジャンカルロ・エスポジート「マンダロリアン」
O・T・ファグベンル「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」
ジョン・リスゴー「ペリー・メイスン」
★トビアス・メンジーズ 「ザ・クラウン」
マックス・ミンゲラ 「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」
クリス・サリヴァン 「THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから」
ブラッドリー・ウィットフォード「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」
マイケル・ケネス・ウィリアムズ「ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路」

助演女優賞(Supporting Actress in a Drama Series)

★ジリアン・アンダーソン 「ザ・クラウン」
ヘレナ・ボナム=カーター 「ザ・クラウン」
マデリーン・ブルーワー 「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」
アン・ダウド 「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」
アーンジャニュー・エリス「ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路」
エメラルド・フェネル「ザ・クラウン」
イヴォンヌ・ストラホフスキー「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」
サミラ・ワイリー 「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」

コメディシリーズ部門

作品賞

「ブラッキッシュ」 (ABC)
「コブラ会」(ネットフリックス)
「エミリー、パリへ行く」 (ネットフリックス)
「Hacks(原題)」 (HBO Max)
「The Flight Attendant(原題)」 (HBO Max)
「コミンスキー・メソッド」 (ネットフリックス)
「Pen15(原題)」 (Hulu)
★「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」 (Apple TV+)

主演男優賞(Lead Actor in a Comedy Series)

アンソニー・アンダーソン「ブラッキッシュ」
マイケル・ダグラス「コミンスキー・メソッド」
ウィリアム・H・メイシー 「シェイムレス 俺たちに恥はない」
★ジェイソン・サダイキス「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」
キーナン・トンプソン「Kenan(原題)」

主演女優賞(Lead Actress in a Comedy Series)

エイディ・ブライアント 「Shrill(原題)」
ケイリー・クオコ 「The Flight Attendant(原題)」
アリソン・ジャネイ 「Mom(原題)」
トレイシー・エリス・ロス「ブラッキッシュ」
★ジーン・スマート 「Hacks(原題)」

助演男優賞(Supporting Actor in a Comedy Series)

カール・クレモンズ・ホプキンズ「Hacks(原題)」
★ブレット・ゴールドスタイン「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」
ブレンダン・ハント 「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」
ニック・モハメッド 「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」
ポール・ライザー 「コミンスキー・メソッド」
ジェレミー・スウィフト「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」
キーナン・トンプソン 「サタデー・ナイト・ライブ」
ボウエン・ヤン 「サタデー・ナイト・ライブ」

助演女優賞(Supporting Actress in a Comedy Series)

エイディ・ブライアント「サタデー・ナイト・ライブ」
ハンナ・エインビンデル「Hacks(原題)」
ケイト・マッキノン 「サタデー・ナイト・ライブ」
ロージー・ペレス 「The Flight Attendant(原題)」
セシリー・ストロング 「サタデー・ナイト・ライブ」
ジュノー・テンプル 「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」
★ハンナ・ワディンガム 「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」

リミテッドシリーズ・映画部門

作品賞

「I May Destroy You(原題)」 (HBO)
「メア・オブ・イーストタウン / ある殺人事件の真実」 (HBO)
★「クイーンズ・ギャンビット」 (ネットフリックス)
「The Underground Railroad(原題)」 (Amazonプライムビデオ)
「ワンダヴィジョン」 (ディズニープラス)

主演男優賞(Lead Actor in a Limited Series or Movie)

ポール・ベタニー「ワンダヴィジョン」
ヒュー・グラント「フレイザー家の秘密」
★ユアン・マクレガー 「HALSTON/ホルストン」
リン=マニュエル・ミランダ「ハミルトン」
レスリー・オドム・Jr. 「ハミルトン」

主演女優賞(Lead Actress in a Limited Series or Movie)

ミカエラ・コール 「I May Destroy You(原題)」
シンシア・エリボ 「ジーニアス:アレサ」
エリザベス・オルセン 「ワンダヴィジョン」
アニャ・テイラー=ジョイ 「クイーンズ・ギャンビット」
★ケイト・ウィンスレット「メア・オブ・イーストタウン / ある殺人事件の真実」

助演男優賞(Supporting Actor in a Limited Series or Movie)

トーマス・ブロディ=サングスター 「クイーンズ・ギャンビット」
ダヴィード・ディグス 「ハミルトン」
パーパ・エッシードゥ 「I May Destroy You(原題)」
ジョナサン・グロフ 「ハミルトン」
★エヴァン・ピーターズ 「メア・オブ・イーストタウン / ある殺人事件の真実」
アンソニー・ラモス 「ハミルトン」

助演女優賞(Supporting Actress in a Limited Series or Movie)

レネイ・エリース・ゴールズベリイ 「ハミルトン」
キャスリン・ハーン 「ワンダヴィジョン」
モーゼス・イングラム 「クイーンズ・ギャンビット」
★ジュリアンヌ・ニコルソン 「メア・オブ・イーストタウン / ある殺人事件の真実」
ジーン・スマート 「メア・オブ・イーストタウン / ある殺人事件の真実」
フィリッパ・スー 「ハミルトン」

そのほか

コンペティション・プログラム部門

「アメージング・レース」
「パーフェクト・スイーツ(原題:Nailed It!)」
★「ル・ポールのドラァグ・レース」
「トップ・シェフ」
「ザ・ヴォイス」

バラエティスペシャル (Pre-Recorded)

「Bo Burnham: Inside(原題)」(ネットフリックス)
「アメリカン・ユートピア」 (HBO)
「8:46 – Dave Chappelle(原題)」 (ネットフリックス)
「フレンズ: ザ・リユニオン」 (HBO Max)
★「ハミルトン」 (ディズニープラス)
「A West Wing Special to Benefit When We All Vote(原題)」 (HBO Max)

第73回エミー賞

第73回エミー賞、U-NEXTにて独占配信決定! 9月20日(月)にレッドカーペット及び授賞式を生中継

2021年8月13日
『メア・オブ・イーストタウン / ある殺人事件の真実』

本年度エミー賞16部門ノミネート!ケイト・ウィンスレット主演 『メア・オブ・イーストタウン / ある殺人事件の真実』 8月27日よりU-NEXTにて見放題で独占配信開始[動画あり]

2021年8月4日
「フレイザー家の秘密」

本年度エミー賞主演男優賞ノミネート! ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント共演の極上の心理サスペンス「フレイザー家の秘密」U-NEXTにて独占配信スタート

2021年7月15日
「ザ・クラウン」

第73回エミー賞 ノミネート発表!「ザ・クラウン」&「マンダロリアン」が最多24部門でノミネート、「フレンズ」コートニー・コックスがシリーズ終了から17年目にしてついにノミネートされ話題に[ノミネーションリストあり]

2021年7月14日
第72回エミー賞 授賞式

米テレビ芸術科学アカデミー、エミー賞の演技部門に関する変更を発表! 現代らしいその変更内容とは・・

2021年6月24日
tvgrooveをフォロー!