『ブラック・ウィドウ』スカーレット・ヨハンソンの訴訟を受け、ディズニーがあることを変更! それはいったい・・・?

『ブラック・ウィドウ』
『ブラック・ウィドウ』

人気女優スカーレット・ヨハンソンの『ブラック・ウィドウ』に関する訴訟を受け、ディズニーのCEOであるボブ・チャペック氏は、スタジオが今後、俳優の契約を調整できるように契約方針を変更することを認めた。

ことの発端は、『ブラック・ウィドウ』が劇場とディズニープラスの同時公開となったことで、ディズニー側がスカーレットの契約に違反したとし、彼女がディズニーを提訴。この訴訟ではスカーレットが、多額の興行収入に基づく報酬を失ったと主張している。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Black Widow(@black.widow)がシェアした投稿

このスカーレットによる訴訟に対し、ディズニーは当初、スカーレットが新型コロナウイルスのパンデミックに対して十分な配慮をしていないと批判。この否定的なディズニーの反応に、スカーレットはショックを受けているとも報道されていた。

そんな中、新たにScreenRantが報じたところによると、、ディズニーのCEOボブ・チャペック氏は「Communacopia Conference」に登場した際、スタジオが将来的に俳優たちの契約を調整すると発言したという。彼は「確かに世界は変化していて、今後のタレントとの契約は、世界が変化していく事実を反映したものでなければならない」と語った。

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス) 入会方法はこちら↑

新型コロナウイルスのパンデミックにより、エンターテイメント業界も大きく変わった。観客の大幅な減少が映画館の閉鎖につながり、ストリーミングで映画を鑑賞する人々も一段と増えた。ディズニーを含め、大手のスタジオは超大作映画をストリーミングサービスで配信する方針を決定。ディズニーは新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以降、『ムーラン』や『ジャングル・クルーズ』など5本の映画をディズニープラスのプレミアムアクセスで配信している。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jungle Cruise(@disneysjunglecruise)がシェアした投稿

今回のチャペック氏の発言では、今後もディズニーがストリーミングを重視していくことを示している。俳優たちの契約の見直しも大幅に行われることだろう。

ベネディクト・カンバーバッチと、スカーレット・ヨハンソン

『ドクター・ストレンジ』ベネディクト・カンバーバッチ、マーベル仲間スカーレット・ヨハンソンの『ブラック・ウィドウ』訴訟に反応

2021年9月10日
MCUで共演したクリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン

『アベンジャーズ』クリス・エヴァンスとスカーレット・ヨハンソン、新作ロマンチックアクション映画で再共演! ファン大興奮

2021年8月30日
スカーレット・ヨハンソン

『ブラック・ウィドウ』の報酬をめぐり裁判中のスカーレット・ヨハンソン、彼女の弁護人がディズニー側のコメントに反論! 「女性差別的な攻撃」

2021年8月23日
『ワンダヴィジョン』、『ブラック・ウィドウ』

エリザベス・オルセン、『ブラック・ウィドウ』訴訟のスカーレット・ヨハンソンを支持「彼女はとてもタフだと思うわ」

2021年8月23日
スカーレット・ヨハンソンとコリン・ジョスト

スカーレット・ヨハンソン、第二子となる男の子を出産! 夫コリン・ジョストが息子の名前を発表

2021年8月19日
tvgrooveをフォロー!