いま世界で話題の韓国ドラマ「イカゲーム」、なんと10年以上もお蔵入りになっていた! 実現を阻んでいたハードルとは…? ネットフリックス史上最大のヒット作が誕生するまでの紆余曲折を監督が語る・・ 最初のタイトルも全く違うものだった・・?

「イカゲーム」
「イカゲーム」

ネットフリックスで配信中の話題のドラマ「イカゲーム」。実は同シリーズは、最初の考案から実際に制作されるまで10年以上かかっていたのだという。

「イカゲーム」は韓国製作のドラマで、今年9月17日にネットフリックスにて配信がスタート。456人の金銭苦の大人たちが、大金を手に入れるため、子供向けのゲームで真剣勝負するというストーリー。勝ち抜けば大金を手に入れることができるが、負ければ一瞬で命を落とすという、残酷なサバイバルゲームとなっている。

「イカゲーム」は配信開始されると、瞬く間に世界中で話題となり大ヒットを記録。ネットフリックスで最もヒットした韓国ドラマとなり、この調子でいけば、ネットフリックス史上、最もストリーミングされたシリーズになることが期待されている。

そんな大ヒットしている「イカゲーム」だが、最初の考案から制作、撮影まで想像以上の苦労があったようだ。

監督のファン・ドンヒョクは、さかのぼること13年前の2008年に最初に制作をスタートさせたが、映像化するまでの資金調達に大変苦労したと明かしたのだ。

ドンヒョク監督は10年前以上に台本を書き始め、1年後に最初のドラフトを完成。約10年が経った2019年、ネットフリックスがこのプロジェクトに関心を持ち、ついにゴーサインが出たという。

韓国の「The Korea Times」のインタビューで監督は「約12年が経ち、世界は、その独特で暴力的なサバイバルストーリーを歓迎してくれる場所となりました」とコメントしている。

またタイトルの「イカゲーム(英題:Squid Game)」は、当初は「ラウンド・シックス(Round Six)」という全く別のタイトルであったというが、結果的に「イカゲーム」という名前が適していると誰もが感じているに違いない。

tvgrooveをフォロー!