『ハリー・ポッター』ルーナ役イヴァナ・リンチ、自分自身にアンチ行為をしていた衝撃的な過去を告白! 自己嫌悪のあまり拒食症、そしてなんと自分への中傷コメントを書き込んでいた・・ 当時の彼女の心境とは?

イヴァナ・リンチ
イヴァナ・リンチ

映画『ハリー·ポッター』シリーズのルーナ役で知られるイヴァナ・リンチ(30)が、自己嫌悪になってしまった過去について告白している。

2007年公開の映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』にて、ルーナ・ラブグッド役でデビューして以降、ファンの間で変わらぬ人気を誇る女優イヴァナ・リンチ。

しかしキャストが発表された当時、インターネット上にはアンチによる批判コメントがあふれていた。そしてなんとその中には、イヴァナ・リンチ自身が書き込んだ内容も含まれていたというのだ。

このたびサンデー・タイムズ・マガジンのインタビューに答えたイヴァナは、11歳から13歳ごろにかけて拒食症と闘っていたことを告白。そして肉体的に回復した後でさえも、激しい自己嫌悪に陥っていたという。

そんなイヴァナは、『ハリー・ポッター』のファンサイトに、自分自身に対する中傷コメントを書き込んでいたと告白。「頬がたるんでる」「指がゴツゴツしてる上に油っぽい」など、あたかもアンチによるコメントであるかのように装っていたというのだ。

イヴァンは当時の自分について、自己嫌悪を表現する手段として中傷コメントを書き込み、それらを読むことに夢中になっていたと振り返っている。

イヴァナはこのような行為に及んでいた理由を「まず自分が率先していじわるすれば、他の人から何を言われても気にならない」と考えていたからだと語り、「いじわるな人は自分の頭の中にも存在してる。だから他の人だって対処できるはず。批判も中傷もショックではなかったわ。覚悟していたし、予想もしていたから」とコメントしている。

しかしある時イヴァナは、このような中傷コメントを読み続けている限り、自分の人生がむなしいものになってしまうと気がついたという。アンチからは目を背けなければいけないと思うようになったのだ。

そのため、彼女は半ば無理やりポジティブシンキングを取り入れることに。イヴァナは先月、回顧録『The Opposite of Butterfly Hunting』を出版している。これが彼女の回復への最後のステップとなったという。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Evanna Lynch(@evannalynch)がシェアした投稿

J.K.ローリング

J.K.ローリング、「ハリー・ポッター」と並行してアダルト小説を執筆していた過去を告白! 「低品質」「決していいとは言えない大人向け小説」・・ 駆け出し時代の思い出を語る

2021年10月12日
トム・フェルトン

マルフォイ役トム・フェルトン、あの噂についに決着をつける! 「僕はスリザリンじゃなくてグリフィンドール!」 『ハリー・ポッター』のあのマフラーをつけたオモシロ動画公開[動画あり]

2021年10月12日
「クリスマス・ピッグ」

「ハリー・ポッター」著者J.K.ローリングによる新しい冒険の物語「クリスマス・ピッグ」の書籍販売&オーディオブック版の配信がスタート! 一人の少年とぬいぐるみが起こす、大きな奇跡とは・・?

2021年10月12日
「ハリー・ポッターと呪いの子」

「死の秘宝」の19年後を描いた舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」来夏、開幕決定! アジアでの上演は初・・世界中で大ヒットを記録した舞台がついに日本上陸

2021年10月6日
トム・フェルトン

『ハリー・ポッター』トム・フェルトン、誕生日の翌日にゴルフ場で倒れる 顔色は真っ青、スタッフに囲まれカートに乗せられ・・・[写真あり]

2021年9月24日
ダニエル・ラドクリフ

『ハリー・ポッター』ダニエル・ラドクリフ、「『ワイスピ』に出演したい!」と意外な願望を語る! しかし“ある条件”が・・?

2021年8月20日
tvgrooveをフォロー!