映画『ハリー・ポッター』もっとも撮影が難しかったシーンは? フクザツな内容にチンプンカンプン!? 監督ですらお手上げ状態だったシーンとは・・?

映画『ハリー・ポッター』の出演者たち
映画『ハリー・ポッター』の出演者たち

映画『ハリー・ポッター』の一作目と二作目で監督を務めたクリス・コロンバス監督が、もっとも撮影が難しかったシーンを明かした。

(左から)ダニエル・ラドクリフ、クリス・コロンバス、ボニー・ライト

 

この投稿をInstagramで見る

 

@chriscolumbusがシェアした投稿

最近、米Insiderのインタビューに応じたコロンバス監督は、小説「ハリー・ポッター」を読んだ際、“クィディッチ”のルールを75パーセントほどしか理解できていなかったことを告白した。

U-NEXT
「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」、「AND JUST LIKE THAT... / セックス・アンド・ザ・シティ新章」、新「ゴシップガール」・・U-NEXTにて独占配信中!

“クィディッチ”は、「ハリー・ポッター」に登場する架空のスポーツ。ほうきに乗りながら、3種類・計4つのボールを使って対戦するというもので、ハリー・ポッターたちのいる魔法界では大人気の球技だ。

当初はクィディッチを完全に理解できなかったというコロンバス監督。しかし、元々スポーツ愛好家であった彼は、観客がクィディッチのルールをいまいち理解できないまま、試合のシーンがどんどん進んでいくのを避けたかったという。

そこで、コロンバス監督は原作者J・K・ローリングの助けを得ながら、クィディッチのルールを確認していくことに。そもそも、“クィディッチ”は架空のスポーツであるがゆえ、この場面を実現するのには、かなりの労力を要したようだ。

コロンバス監督は、クィディッチのピッチ(グラウンド)をデザインするのに必要なすべてのルールや、クィディッチの“点数システム”が試合に与える影響など、クィディッチに関するありとあらゆる情報が書かれたノートを肌身離さず持っていたことを明かしている。

「基本的に、新しいスポーツを考え出す感じだった。言うまでもなく、この映画の視覚効果は現実には存在しない。だから、(クィディッチのシーンは)難しいけど挑戦しがいのある場面だったよ」

これまで、『ホーム・アローン』シリーズや、『ミセス・ダウト』など、数々の名作を世に送り出してきたコロンバス監督。そんな彼ですらお手上げ状態だったというのだから、クィディッチを生み出したJ・K・ローリングは、驚くほどの切れ者のようだ。

左からルパート・グリント、エマ・ワトソン、ダニエル・ラドクリフ

ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリントが夢の再会! 映画『ハリー・ポッター』公開20周年を記念した同窓会番組で豪華キャストが再集結へ

2021年11月17日
エマ・ワトソン(左)、エマのボディダブルを務めていたフリック・マイルズ

エマ・ワトソン、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の有名シーンは代役が演じていた! 劇中でも印象的なあのシーンにまつわる裏話が明らかに・・ なぜエマ自身が演じなかったのか… そのワケとは?

2021年11月12日
映画『ハリー・ポッター』シリーズのオリジナル・キャスト3人

ハリー・ポッターのその後を描いた「呪いの子」映画化を監督が熱望! ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリントらオリジナル・キャストの再集結に期待ふくらむ

2021年11月5日
イヴァナ・リンチ

『ハリー・ポッター』ルーナ役イヴァナ・リンチ、自分自身にアンチ行為をしていた衝撃的な過去を告白! 自己嫌悪のあまり拒食症、そしてなんと自分への中傷コメントを書き込んでいた・・ 当時の彼女の心境とは?

2021年10月26日
映画『ホーム・アローン』

映画『ホーム・アローン』の監督クリス・コロンバス、同作のリメイク版を製作するディズニーをバッシング! 「なんの意味があるんだ?」

2020年11月14日
tvgrooveをフォロー!