『ハリー・ポッターと賢者の石』、実は3時間バージョンが存在していた! カットされてしまった人気キャラクターとは・・?

今年で20周年を迎える映画『ハリー・ポッターと賢者の石』
今年で20周年を迎える映画『ハリー・ポッターと賢者の石』

映画『ハリー・ポッター』シリーズ第一作、『ハリー・ポッターと賢者の石』といえば、2時間32分の作品であることは知られているが、このたび監督のクリス・コロンバスが、あるキャラクターが登場するシーンが含まれた、3時間にわたる別バージョンがあったことを明かしている。

2001年に公開された『ハリー・ポッターと賢者の石』は、その後に発表された7作品にくらべ、よりJ.K.ローリング原作の要素が多く含まれているといわれている。

それでも映画化するにあたり、小説版で登場するキャラクター、ピーブスの部分はカットせざるを得なかったそうだ。

ピーブスは、ホグワーツ魔法学校に出没するいたずら好きのポルターガイストで、原作好きのファンからの人気は高い。

実は劇場版でも、ピーブスが登場するシーンは撮影されていた。出演していたのは俳優のリック・メイヨールだ。

ところが、このシーンは本来の劇場版より7分長い「アルティメット・エディション」にも収録されていない。

監督のクリス・コロンバスは、「The Wrap」のインタビューでこの件について語っている。

シカゴでこの3時間バージョンを試写した際、子供たちから「もっと見たい」という声があがり、受け入れられていたことはわかっていたという。それでも最終的に、30分近くの映像がカットされたことについてコロンバスは、「うまくいくと思っていたんだけど、親御さんから『長すぎる』って意見が上がってね。子供たちからは『もっと見たい』って声もあったんだけど、子供はそんなに集中力が長くないから。これでよかったんだよ」と語っている。

なお『ハリー・ポッター』シリーズを製作するワーナー・ブラザースによると、今後、将来的にも3時間バージョンを公開する予定はないという。

ロビン・ウィリアムズ(左)、リーマス・ルーピン役のデヴィッド・シューリス(右)

故ロビン・ウィリアムズ、『ハリー・ポッター』への出演を断られていた! ルーピン役やハグリッド役を希望するもかなわず…ロビンが出演を拒否された理由とは・・?

2021年11月25日
J.K.ローリング

『ハリー・ポッター』原作者J.K.ローリング、過去の差別的発言が原因で自宅住所がさらされる被害に・・さらに大量の殺害予告を受けていたことも明らかに

2021年11月24日
(左から)ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン

エマ・ワトソン「ハーマイオニーは1番お気に入りのキャラクター」、『ハリー・ポッター』への熱い想いを語りファン感動! ダニエルとルパートとの懐かしのスリーショットも投稿[写真あり]

2021年11月18日
映画『ハリー・ポッター』の出演者たち

映画『ハリー・ポッター』もっとも撮影が難しかったシーンは? フクザツな内容にチンプンカンプン!? 監督ですらお手上げ状態だったシーンとは・・?

2021年11月18日
tvgrooveをフォロー!