ダニエル・ラドクリフが選ぶ、映画『ハリー・ポッター』ベスト&ワースト作品が明らかに! ダニエルが「もう二度と見たくない」作品とは・・?

ダニエル・ラドクリフ(右)※写真は、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』より
ダニエル・ラドクリフ(右)※写真は、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』より

俳優のダニエル・ラドクリフ(32)が選ぶ、映画『ハリー・ポッター』ベスト&ワースト作品が明らかに。はたして、ダニエルが“もう二度と見たくない”のは何作目の映画・・?

米エンタメサイトの「Showbiz Cheat Sheet」は、ダニエルの過去の発言などを基に「ダニエル・ラドクリフお気に入りの『ハリー・ポッター』映画」を発表。ダニエルが選ぶ、映画『ハリー・ポッター』のベスト&ワースト作品を紹介している。

2001年の『ハリー・ポッターと賢者の石』から、2011年の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』まで、全8作の映画が製作され、いずれも大ヒットを記録した『ハリー・ポッター』シリーズ。第一作目の撮影時は11歳だったダニエルは、シリーズを通してハリーとともにどんどん成長していき、完結作『死の秘宝 PART2』の頃には、すっかりたくましい青年となった。

『ハリー・ポッターと賢者の石』↓↓

ダニエルの代表作ともなった『ハリー・ポッター』シリーズであるが、ダニエル的には第6作目の『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009)が「大嫌い」なのだとか。その理由は、自分の演技に納得がいかなかったからだそうで、もう二度と見たくないとまで思っているという。

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』↓↓

「僕の芝居は一本調子だし、自己満足していて、やろうとしていたことが伝わっていないことがわかるよ」(Playboy誌のインタビューより)

そんなダニエルがベスト映画に選んだのは、5作目の『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007)。理由は「進歩が見られる」からで、尊敬する俳優ゲイリー・オールドマン(シリウス・ブラック役)の仕事っぷりを間近で見て学ぶことができたため、個人的にもっとも撮影が楽しかった作品なのだとか。

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』↓↓

ダニエル・ラドクリフとゲイリー・オールドマン(右)↓↓

Showbiz Cheat Sheetはまた、ダニエルは4作目の『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2002)でのスタントが高く評価されたと紹介している。ハリーは同作にて、ドラゴンから金色の卵を奪うという課題に挑むことになるのだが、この場面のスタントはなんと、ダニエル自身が行っていたという。

当時、難しいアクションシーンは大抵、ボディダブル(代役)であるデヴィッド・ホームズが担当していたというが、プロデューサーはダニエルにこの場面を託すことに。その結果、ダニエルはワイヤーを使って40フィート(約12メートル)の高さから落ちるというスタントに挑戦したという。

いまもなお、世界中の人々から愛されている『ハリー・ポッター』シリーズだが、ダニエルにとっては、楽しいだけでなく、ほろ苦い思い出もつまっているようだ。

アラン・リックマン

『ハリー・ポッター』故アラン・リックマン、実はスネイプ役を渋っていた! 「もう悪役はやりたくない・・」そんなアランが出演を決めた理由とは…?

2021年11月30日
ダニエル・ラドクリフ

ダニエル・ラドクリフがハリー・ポッター役に抜てきされたのは、あの「先生」のおかげだった! 彼を推薦した大女優とは…?

2021年11月30日
左からルパート・グリント、エマ・ワトソン、ダニエル・ラドクリフ

ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリントが夢の再会! 映画『ハリー・ポッター』公開20周年を記念した同窓会番組で豪華キャストが再集結へ

2021年11月17日
エマ・ワトソン(左)、エマのボディダブルを務めていたフリック・マイルズ

エマ・ワトソン、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の有名シーンは代役が演じていた! 劇中でも印象的なあのシーンにまつわる裏話が明らかに・・ なぜエマ自身が演じなかったのか… そのワケとは?

2021年11月12日
ダニエル・ラドクリフ

ダニエル・ラドクリフ、もしリブート版『ハリー・ポッター』が実現したらどの役を演じたい? 主演ではなく、ダニエルが選んだ役とは・・

2021年8月5日
ダニエル・ラドクリフ

ダニエル・ラドクリフ、『ハリー・ポッター』での初期の演技は「超恥ずかしい」! その理由に誰もが納得・・?

2021年2月24日
tvgrooveをフォロー!