ダニエル・ラドクリフがハリー・ポッター役に抜てきされたのは、あの「先生」のおかげだった! 彼を推薦した大女優とは…?

ダニエル・ラドクリフ
ダニエル・ラドクリフ

今年、公開20周年を迎えた映画『ハリー・ポッターと賢者の石』ダニエル・ラドクリフ(32)にとってハリー・ポッターは当たり役となったが、ある人物の存在なくして、ダニエル版ハリー・ポッターは起こり得なかったようだ。

ダニエルは今年8月、アメリカで深夜に放送されているトーク番組「The Late Show with Stephen Colbert」に出演。その際、『ハリー・ポッター』シリーズに出演できたのは、同シリーズでマクゴナガル先生を演じた大物女優マギー・スミスのおかげであったと明かしている。

マクゴナガル先生を演じたマギー・スミス(右)↓↓

ダニエルによれば、マギーと初めて会ったのは彼が9歳の頃。2人は当時、英BBCで放送されたドラマ「デビッド・コパーフィールド」で共演しており、それが縁で、ハリー役にダニエルを推薦してくれたのだとか。

【動画】『ハリー・ポッター』出演をふり返るダニエル・ラドクリフ(該当シーンは約11分30秒頃~)

当時、ダニエルは両親から、「なんてこった。マギー・スミスと一緒に仕事をするなんて、すごいことだよ」と言われたというが、当のダニエルはマギーがどれだけ偉大な女優であるか知らなかったという。

マギー・スミス (C)WENN.com

マギー・スミス (C)WENN.com

とはいえ、ハリー・ポッター役をキャスティングするのは簡単なことではなかったようだ。同作のキャスティング・ディレクターであるジャネット・ハーシェンソン氏は以前、米HuffPostに対し、完ぺきなハリーを見つけるために苦心を重ねたことを明かしている。

まず、映画『ハリー・ポッター』は、原作の世界観を忠実に再現するため、「メインキャラクターはイギリス人俳優のみを起用する」というルールが設けられていたのだそう。このルールにより、同シリーズへの参加を熱望していた故ロビン・ウィリアムズは出演を断られている。

また、『ハリー・ポッター』の続編が何本も作られる予定であったため、ハリーを演じる少年はキャラクターと同じ年頃である必要があったという。加えて、ハリーの目の色も重視していたため、青もしくは緑色の目を持つ少年を探していたと、ハーシェンソン氏は明かしている。

ハーシェンソン氏によれば、『ハリー・ポッターと賢者の石』で監督を務めたクリス・コロンバス監督は、前述の「デビッド・コパーフィールド」を観て以来、ダニエルに目をつけていたそうで、『ハリー・ポッター』のオーディションに来てくれないかと直々に尋ねていたのだという。

最終的に、ハリー・ポッター役はダニエルともう一人の若手俳優の間で争われ、ダニエルが見事ハリー役をゲット。ハーシェンソン氏は、ダニエルがハリー役に起用された理由について、「弱々しさ」を持つ一方で「度胸」をあわせ持っていたためだと明かしている。

ロビン・ウィリアムズ(左)、リーマス・ルーピン役のデヴィッド・シューリス(右)

故ロビン・ウィリアムズ、『ハリー・ポッター』への出演を断られていた! ルーピン役やハグリッド役を希望するもかなわず…ロビンが出演を拒否された理由とは・・?

2021年11月25日
左からルパート・グリント、エマ・ワトソン、ダニエル・ラドクリフ

ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリントが夢の再会! 映画『ハリー・ポッター』公開20周年を記念した同窓会番組で豪華キャストが再集結へ

2021年11月17日
エマ・ワトソン(左)、エマのボディダブルを務めていたフリック・マイルズ

エマ・ワトソン、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の有名シーンは代役が演じていた! 劇中でも印象的なあのシーンにまつわる裏話が明らかに・・ なぜエマ自身が演じなかったのか… そのワケとは?

2021年11月12日

マクゴナガル先生役マギー・スミス、「ハリー・ポッター」は満足できなかった! その理由とは・・・?

2019年12月7日

「ハリー・ポッター」ロン役ルパート・グリント、ハーマイオニー役エマ・ワトソン&マルフォイ役トム・フェルトンは特別な関係であったことを認める

2019年11月22日
tvgrooveをフォロー!