ハリー・スタイルズを起用して描きたかった理想のセックスシーンとは? 監督・恋人のオリヴィア・ワイルドが映画『Don’t Worry Darling』での俳優としてのハリーの姿勢を絶賛

『Don't Worry Darling』
『Don't Worry Darling』

映画『Don’t Worry Darling』の監督をつとめたオリヴィア・ワイルドが、この作品でとくに力をいれたシーンについて語っている。

2022年公開予定の映画『Don’t Worry Darling』は、1950年代のカリフォルニアで理想的な暮らしをする若い夫婦を主人公とした物語。夫のジャックを歌手で俳優のハリー・スタイルズ、妻のアリスを女優のフローレンス・ピューが演じている。一見、完ぺきな生活を送っているように見えるアリスであったが、やがてそんな生活の裏に隠された秘密に気づいていくというサイコスリラーだ。

今年9月に公開された11秒間のティーザーではハリー・スタイルズとフローレンス・ピューが激しいキスを交わすシーンも見られた。これについてオリヴィアは、1993年の映画『幸福の条件』や1987年の映画『危険な情事』に着想を得たと明かしている。

このたびVogue誌のインタビューの中で、「これらの映画には、大人のセクシーさがある」と語ったオリヴィアは、「もうこれからの映画では、よいセックスが描かれるものはないのか」とずっと疑問に思っていたことを告白。

自身が監督した『Don't Worry Darling』では「女性が求めているもの、女性がよろこびを感じるとはどのようなことなのか、スクリーンで見てもらうことができる」と付け加えた。

なお、オリヴィアは過去に、女性が主役を演じる映画に男性俳優が出演したがらないことを暴露している。そのうえで、今回出演したハリーのことを「ピューが主役であるということをはっきりと認識し、そんな彼女に隣で人間らしさを与えてくれている」と絶賛していた。

今回のインタビューでも、ジャック役をキャスティングすることがいかに難しかったかを語ったオリヴィアは、「キャスティングの段階で、『彼女と同等か、それ以上のセリフがなければ、出演する価値がない』と言い放った俳優が何人いたことか」となげきながらも、「これは彼らのせいではなくで、そのような考えを植え付けた社会のせいなのよ」と問題点を指摘している。

オリヴィア・ワイルドとハリー・スタイルズ

オリヴィア・ワイルド、ハリー・スタイルズとの交際は「今までで一番しあわせ」! 交際について言及しない理由についても明かす

2021年12月11日
『Don't Worry Darling』

ハリー・スタイルズが激しいキス! 「心の準備ができてない」とファン悲鳴・・ 新作映画『Don’t Worry Darling』の予告編が公開[動画あり]

2021年9月14日
ハリー・スタイルズ

ツアーをスタートさせたハリー・スタイルズ、初日公演には恋人オリヴィア・ワイルドの姿も[写真・動画あり]

2021年9月6日
ハリー・スタイルズ

ハリー・スタイルズ、新作映画『Don’t Worry Darling』の撮影現場をパパラッチ! 映画の舞台である1950年代を意識した貴重なスーツ姿は必見[写真あり]

2020年12月4日
オリヴィア・ワイルドと、ハリー・スタイルズ

オリヴィア・ワイルド、自身が監督を務める映画『Don’t Worry Darling』でハリー・スタイルズが出演することについてコメント! 「ハリー参加がうれしすぎてダンスした」

2020年11月16日
tvgrooveをフォロー!