『スパイダーマン』俳優のギャラ事情を大公開! トム・ホランド、アンドリュー・ガーフィールド、トビー・マグワイア… 3人の中で一番高額だったのはなんとアノ人

左からアンドリュー・ガーフィールド、トム・ホランド、トビー・マグワイア
左からアンドリュー・ガーフィールド、トム・ホランド、トビー・マグワイア

『スパイダーマン』シリーズ最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』がアメリカで公開された。これをきっかけに、今回主演をつとめた3代目スパイダーマンのトム・ホランドだけでなく、過去のスパイダーマン俳優にも注目が集まっている。

そこで、これまでスパイダーマンを演じてきたトム・ホランド(3代目)、アンドリュー・ガーフィールド(2代目)、トビー・マグワイア(初代)の作品ごとの「ギャラ事情」をjustjared.comがまとめている。

トム・ホランド出演作

・『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)

報酬:250,000 ドル(約2,839万円)

トム演じるスパイダーマンがMCUに初登場した作品

・『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)

報酬:500,000 ドル(約5,678万円)

作品の大ヒットにともない、150万ドル(約1億7000万円)のボーナスも得たと言われている。

・『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)

報酬:400万ドル(約4億5400万円)

アンドリュー・ガーフィールド出演作

・『アメイジング・スパイダーマン』(2012年)

報酬:50万ドル(約5677万円)

・『アメイジング・スパイダーマン2』(2014年)

報酬:100万ドル(約1億1,354万円)

作品の成功にともない、ボーナスも出たとされている。

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズについては3部作と発表されていたが、3作目が製作されることはなかった。

トビー・マグワイア出演作

・『スパイダーマン』(2002)

報酬:400万ドル(約4億5400万円)

・『スパイダーマン2』(2004)

報酬:1750万ドル(約19億8,705万円)

1作目の大ヒットを受け、大幅に増額された。

・『スパイダーマン3』(2007)

報酬:1500万ドル(約17億円)

スパイダーマン

『スパイダーマン』、この20年間で公開された全9作品をランキング化! 最も高評価を得たのはどの作品?

2021年12月19日
ゼンデイヤ(左)、トム・ホランド

トム・ホランドとゼンデイヤ、「セックスシーン」に猛反対していた! 新作『スパイダーマン』にオトナなシーンはいらないと主張したワケとは・・?

2021年12月17日
トム・ホランド

『スパイダーマン』トム・ホランド、なんと俳優活動休止宣言!? 「一度休んで、家族を築くことに専念したい」と宣言しファン衝撃

2021年12月17日
ゼンデイヤ(左)、トム・ホランド

ゼンデイヤ、トム・ホランドに宛てた愛あふれるメッセージを大公開!「私のスパイダーマン」呼びに「かわいすぎる」とファン悶絶

2021年12月17日
トム・ホランド

トム・ホランド、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』プレミア上映後に感極まり思わず号泣! 涙を拭きながら、ファンに語りかける感動的な姿が話題に[写真・動画あり]

2021年12月16日
tvgrooveをフォロー!