ピクサー社員、最新作『私ときどきレッサーパンダ』のディズニープラス配信に大ショック!? 「多くのピクサー社員を失望させた」その理由とは・・?

『私ときどきレッサーパンダ』
『私ときどきレッサーパンダ』

『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』『インサイド・ヘッド』など数々の感動的な物語を贈り届けてきたディズニー&ピクサー。彼らの最新作『私ときどきレッサーパンダ』(原題:Turning RED)がディズニープラス配信になったことを受け、ピクサー社員たちは大ショックを受けガッカリしているという。

日本では3月11日(金)劇場公開予定(※2022年1月11日現在)となっている本作だが、現地時間2022年1月7日、米ディズニーは『私ときどきレッサーパンダ』の劇場公開を完全にスキップし、追加料金なしでディズニープラスで配信することを決定した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pixar(@pixar)がシェアした投稿

本作は『トイ・ストーリー』のスピンオフ作品『バズ・ライトイヤー』(原題:Lightyear)に並び、2022年に劇場公開が予定されるピクサー作品のひとつだった。

ピクサー作品の劇場公開スキップは『ソウルフル・ワールド』『あの夏のルカ』につづき3作目で、『2分の1の魔法』に関しては新型コロナウイルスによる劇場閉鎖の1週間前に米公開となったため、公開期間が短縮されていた。

Insiderによると、ピクサーの社員は今回のディズニープラス配信という決定に大変ショックを受け、失望しているという。あるピクサースタッフは「私たちはみんな、とても残念な気持ちになっている」と語った。「今日まで、この作品が私たちの大スクリーンへの復帰作になると思っていたし、スタジオのみんなも特にこの作品が復帰作になることを楽しみにしていた」と話した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pixar(@pixar)がシェアした投稿

あるスタッフは、「最悪だと感じているが、理解できる」とコメントしている。なぜなら、新型コロナウイルスのオミクロン株の感染率が高まっていることから、ストリーミングに軸足を移すという判断は間違いではないと思っているからだそうだ。

『ブラック・ウィドウ』や『クルエラ』といった他の作品がディズニープラスの有料版「プレミアムアクセス」となっている一方で、ピクサー映画を追加料金なしで配信されるという決定に、「多くのピクサー社員を失望させた」との報道もある。

ピクサー最新作『バズ・ライトイヤー』ポスター

ピクサー最新作『バズ・ライトイヤー』2022年7月に日本公開が決定! もしバズ・ライトイヤーの物語の世界が実在したら? ユニークでイマジネーション溢れるストーリーに[動画あり]

2021年11月24日
『私ときどきレッサーパンダ』ポスター

ピクサー最新作『私ときどきレッサーパンダ』2022 年春公開決定! “ときどきレッサーパンダになってしまう女の子”を描く!そこに隠された“秘密”とは・・・[動画あり]

2021年11月11日
あの夏のルカ

ピクサー最新作『あの夏のルカ』日本版本予告が解禁! “シー・モンスター”の少年ルカが、人間の世界へ踏み出す[動画あり]

2021年6月9日
『あの夏のルカ』

ピクサー新作『あの夏のルカ』が『君の名前で僕を呼んで』に酷似? 比較の意見に監督が反論

2021年4月29日
『ファインディング・ニモ』

あなたはいくつ知ってる? ピクサー映画が「科学的、歴史的、文化的に正しい」証拠7選! 細かい描写にきっとビックリ[写真あり]

2021年3月11日
tvgrooveをフォロー!