人気映画『トワイライト』シリーズ、なんと幻の脚本が存在していた!? 内容はロマンスは一切なしの本格アクション! あえなく却下されてしまった理由とは

ロバート・パティンソン(左)、クリステン・スチュワート(右)
ロバート・パティンソン(左)、クリステン・スチュワート(右)

人気ファンタジーシリーズ『トワイライト』に幻の脚本が存在していたことがわかった。この脚本では、ベラ・スワンとエドワード・カレンのロマンスが描かれることはなかったようだ。

これはポッドキャスト番組「The Big Hit Show」に出演したシリーズ監督のキャサリン・ハードウィクと脚本のマーク・ロードが明かしたもので、映画の原案はステファニー・メイヤーによる原作小説の内容とはかけ離れたものだったという。

マーク・ロードによると、映画化にあたり、プロデューサーが、ロマンス色が強いことで男性客が離れてしまうことを懸念しており、そんな男性客を引き込むため、台本内に多くのアクションを加えていたという。

そして持ち上がったのが、カーライル・カレンとシャーリー・スワンが殺害され、ベラはショットガンでヴァンパイアを倒し、最終的には自身もヴァンパイアになってしまう、という、ロマンス要素の全くないストーリーだったのだ。

マークはこのストーリーについて、ベラがただ恋に落ちるのではなく、「女性キャラクターとしての強さを表現したかった」とフォローしてる。

さらに、この話は本当なのかとたずねられたマークは、「本当だよ。すごくかっこいいだろ?あの女の子がヴァンパイアを撃ち殺すんだ!何もかも彼女にふっとばしてもらいたかったんだよ」と告白。

しかし、制作初期まで生きていたこのストーリー案は、キャサリン・ハードウィクが監督に就任したことで一蹴されたという。

キャサリンは当時について、「『まず、この原案はゴミ箱行きね』って言ったわ。全然よくない。原作小説に沿って作らないとダメだってね」と振り返ると、「原案では、ベラがジェットスキーに乗ってFBIに追われる設定だったの。一流アスリートみたいにね。もちろん、原作にはこんな描写一切なかった」と付け加えている。

ロバート・パティンソン(左)、クリステン・スチュワート(右)

クリステン・スチュワート、『トワイライト』相手役にロバート・パティンソンが起用されたワケを告白! ロバートと相性バッチリだった理由って…? 知られざるキャスティング経緯が明らかに

2021年11月17日
婚約したことが明らかになったテイラー・ロートナー

『トワイライト』テイラー・ロートナーが婚約! たくさんのバラとキャンドルを使って超ロマンチックなプロポーズを決行・・「僕の願いがすべて叶いました」

2021年11月15日
ロバート・パティンソン(左)、クリステン・スチュワート(右)

人気映画『トワイライト』シリーズ、当初主役2人の候補はクリステン・スチュワートとロバート・パティンソンではなかった!? 原作者がキャスティングしたかった役者が明らかに・・

2021年7月1日
クリステン・スチュワート

『トワイライト』クリステン・スチュワート、「自身のセクシュアリティにプレッシャーを感じていた」! 「追いかけられた」その理由とは

2020年10月8日
ロバート・パティンソン(左)、クリステン・スチュワート(右)

『トワイライト』シリーズの新作「ミッドナイト・サン」、映画化されてもクリステン・スチュワートとロバート・パティンソンは出演はなし…? 同シリーズの映画監督がコメントを発表

2020年8月1日
グレゴリー・タイリー・ボイスと恋人

映画『トワイライト』グレゴリー・タイリー・ボイス、恋人と共に亡くなっているところが発見 享年30歳

2020年5月20日
tvgrooveをフォロー!