ジョン・ステイモス、親友ボブ・サゲットの死を受け入れることができなかった…「ぼくにとって彼は“生命線”だった」 彼がジョンの人生に与えた影響とは・・?「人生のいかなる瞬間もいつもそばにいてくれた」

ボブ・サゲットと、ジョン・ステイモス
ボブ・サゲットと、ジョン・ステイモス

俳優のジョン・ステイモスが、急逝した俳優ボブ・サゲットにおくった弔辞を公開した。

ボブ・サゲットは1月9日、スタンドアップコメディライブに出演するため滞在していた米フロリダ州のホテルで亡くなった。享年65歳だった。

ボブとジョン・ステイモスは、1987年から1995年にかけて放送されていたファミリードラマ「フルハウス」、2016年に放送された「フラーハウス」で共演。まさに盟友として、長い間交流を深めてきた。

このたびジョンは、ロサンゼルス・タイムズに弔辞の全文を寄せ、ボブがいかに自身の人生に影響を与えたかをつづっている。

弔辞の中では、ジョンの人生で最もつらかった時期に、ボブがそばにいて支えてくれたことが明かされた。

「何もかもがめちゃくちゃになってしまった時に、それでも彼ならば、そばにいてくれるだろうと思っていた」とつづったジョンは、「ぼくの両親が亡くなったとき、そばにいてくれたのは他の誰でもなく、ボブだった。父の葬儀の時に司会をしてくれて、ジョークで笑わせてくれたんだ。離婚、死別、絶望、暗い日々、その全てにおいて彼はそばにいてくれた。恋愛、結婚、子育て、明るい日々、その全てにおいて彼はそばにいてくれた。ぼくにとって、彼は『生命線』だった」と続けた。

さらに、ボブがいかに愛にあふれ、何者にも代えがたいユーモアのセンスを持った人物だったかに触れたジョンは、訃報を聞いた際の心境について、「崩れ落ちた」とし、「打ちのめされ、自分は誰も助けることができない無価値な存在なんだと感じた」とつづっている。

そんなジョンは、しばらくボブの死を受け入れられなかったという。

「彼の死を否定しながら数日を過ごしてきた」とつづったジョンだったが、「でも今、ぼくは気づいたんだ。そんなことしなくていいって。『さよなら』をいう必要もない。彼はぼくの心の中にいるんだから。今後もぼくは毎日、彼に語りかけ続ける。『君という存在が、いかにぼくの人生に影響を与えたか』ってね」と付け加えた。

そしてジョンは、今後ボブのような友人は現れないだろうとし、ボブはずっと自身にとって親友であり、守護天使であると語ると、「ベイビー、愛してる」という一文にて締めくくっている。

ボブ・サゲットの棺を運ぶ参列者たち

故ボブ・サゲットの葬儀に「フルハウス」キャストたちが多数参列、最期の別れを告げる・・ 友人ジョン・ステイモスは「今日はこれまでの人生で最もツラい日」

2022年1月18日
ボブ・サゲット

「フルハウス」ボブ・サゲット、亡くなった日は奇しくも姉の誕生日だった・・ボブが生前、最愛の姉のために尽力していた、ある活動とは…

2022年1月14日
ボブ・サゲット

急逝した「フルハウス」ボブ・サゲット、遺体発見時の救急への通報内容が公開 「反応なし、呼吸、脈拍もなし」

2022年1月14日
キャンディス・キャメロン・ブレ(左)、ボブ・サゲット

「フルハウス」DJ役キャンディス・キャメロン・ブレ、“テレビ界の父”ボブ・サゲット急逝に落胆「これまでに感じたことない痛み」 当時10歳の子役だったキャンディスがボブから教わった大切なこととは…

2022年1月12日
ボブ・サゲット

急逝の「フルハウス」ボブ・サゲット、新型コロナに感染していた! 死の数日前のインタビューの中で明らかに・・感染時期は明らかにせず

2022年1月12日
ボブ・サゲット

急逝した「フルハウス」ボブ・サゲット、左手を胸に当てた状態で発見されていたことが明らかに… 前日まで元気だったボブに一体何が・・

2022年1月12日
ボブ・サゲット

急逝した「フルハウス」ボブ・サゲット、発見当時の現場の状況が明らかに・・ 第一発見者はホテルの客室清掃員、チェックアウトする予定だったボブの身にいったい何が

2022年1月11日
「フルハウス」キャストたちとスタッフ

さよならなんて言いたくない・・ ボブ・サゲットの急逝に、オルセン姉妹、ジョン・ステイモスら「フルハウス」共演者らが悲しみのコメント 「35年前、私たちは本物の家族になった」… 感動の思い出話にファン涙

2022年1月11日
tvgrooveをフォロー!