「ザ・シンプソンズ」ロシアのウクライナ侵攻を予測していた・・この予測的中に「とても悲しい」の声

「ザ・シンプソンズ」インスタグラムよりNEWS
「ザ・シンプソンズ」インスタグラムより

アメリカのアニメ史上最長寿番組である「ザ・シンプソンズ」。これまでカマラ・ハリスが副大統領になることや、トム・ハンクスがコロナに感染すること、さらにスーパーボウルの結果を予測し、的中してきたと話題になっているが、ロシアのウクライナ侵攻も予測していたという。

「ザ・シンプソンズ」↓↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Simpsons(@thesimpsons)がシェアした投稿

ロシアは、ウクライナに対する軍事侵攻に踏み切り、ロシア軍とウクライナ軍の戦闘が続いている。これを受け、ツイッター上ではこの紛争を予測したとして1998年の「ザ・シンプソンズ」のエピソード「Simpson Tide」を取り上げるユーザーが多く現れた。

このエピソードでは、ホーマーが軍事演習中に誤って潜水艦の艦長をロシア海域に発射してしまい、復活したばかりのソ連が軍隊と戦車を街中に配備し、瞬時にベルリンの壁を復活させるというものである。

「ザ・シンプソンズ」のショーランナーでアニメーターのアル・ジーンは「予測が難しくなかったと言えるのは、とても悲しい」とツイートした。

また彼はHollywood Reporterのインタビューで「悲しいことに、私にとって、これは予言というより当たり前のことという感じだ。私たちは、物事が悪い方向に向かうと考えただけ」とコメントした。「歴史的な侵略は決してなくならないし、かなり警戒しなければならない」「この映像が放映された1998年は、米露関係の絶頂期だったのかもしれません」と付け加えている。

tvgrooveをフォロー!