『ワイルド・スピード』最新作、監督交代でユニバーサルが超高額のコスト支払うハメに・・! なんと1日100万ドル?ジャスティン・リンの退任決断の影響大

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク(原題:Fast&Furious9)』
『ワイルド・スピード/ジェットブレイク(原題:Fast&Furious9)』

人気カーアクションシリーズ『ワイルド・スピード』の10作目である『Fast X(原題)』の撮影開始の数日後に、ジャスティン・リン監督が退任を発表したことが話題となっているが、なんと新しい監督を探すためにユニバーサル・ピクチャーズは1日あたり最大100万ドル(約1億2,978万円)のコストをかけていると報じられている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Fast Saga(@thefastsaga)がシェアした投稿

『ワイルド・スピード』といえば、常識に囚われず度肝を抜くアクションを繰り広げ、映画史を代表する一大シリーズの1つとなった。9作目となる『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013)以来、ジャスティン・リンが監督がファン超待望のシリーズ復帰を果たした。また、新作でもメガホンを取るということでファンは期待を膨らませていた。しかし、リン監督は、撮影開始の数日後に退任を決断。「ユニバーサルのサポートにより、私は『Fast X』の監督から退くという難しい決断をしましたが、プロデューサーとしてこのプロジェクトに残ることになりました」とツイッターで声明を発表していた。

クリエイティビティの違いから『Fast X』の監督を退任したと発表していたが、彼の後任となる監督はまだ見つかっていないという。この決定により、ユニバーサル・ピクチャーズは後任の監督探しに躍起になっているようだ。

Varietyによると、リン監督の退任に伴う『Fast X』の新しい監督探しで、ユニバーサルは1日あたり60万ドルから100万ドルのコストをかけていると言われている。現在、同作品の第2班は英国で撮影を続けており、第1班は後任の監督を待っている。スタジオ側はキャストとクルーをセットに留めておくためだけに、1日数千ドルを費やしているのだという。

果たして、次の監督は一体誰になるのだろうか・・・続報にも注目が集まる。

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク(原題:Fast&Furious9)』

ジャスティン・リン監督、『ワイルド・スピード10』撮影が開始した数日後になんと退任!その理由は「クリエイティビティの違い」・・・?監督は声明を発表

2022年4月28日
『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』©2019 UNIVERSAL STUDIOS

Amazon Prime Video、4月のラインアップを発表! 人気マンガをアニメ化した「SPY×FAMILY」や、劇場版『名探偵コナン』23作品、『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』、日本版「ベイクオフ・ジャパン」シーズン1など盛りだくさん

2022年3月30日
ジェイソン・モモア

ジェイソン・モモア、『ワイルド・スピード』10作目の出演について「しばらくやっていなかった悪役を演じることができて、とても楽しい!」自身が演じるキャラクターについても少しだけ詳細を明かす

2022年3月7日
ジェイソン・モモア

ジェイソン・モモア、なんと『ワイルド・スピード』最新作に出演の可能性!? “悪役”として交渉中との報道にファン大興奮

2022年1月31日
ヴィン・ディーゼル(左)、ポール・ウォーカー

『ワイルド・スピード』故ポール・ウォーカーの誕生日に友人ヴィン・ディーゼルが思いをはせる 「伝えたいことがたくさんある」

2021年9月17日
tvgrooveをフォロー!