名誉毀損裁判で勝訴のジョニー・デップ、近年の出演作のギャラが大公開! 『ファンタビ』続編 & 『パイレーツ・オブ・カリビアン6』で支払われるハズだった金額も明らかに

ジョニー・デップ
ジョニー・デップ

ジョニー・デップのエージェントが、製作が白紙となった『パイレーツ・オブ・カリビアン6』でいくら稼ぐことになっていたのか、また、最近のいくつかの作品でいくらもらっていたのかを明かし話題となっている。

ジョニー・デップの、元妻アンバー・ハードに対する名誉毀損裁判で、クリエイティブ・アーティスト・エージェンシーでジョニーの代理人を務めた後、レンジ・メディア・パートナーズへ移籍した代理人のジャック・ウィガムが、ジョニーの出演作のギャラについて明かした。

証言台でジャック・ウィガムが明かしたジョニーの近年の出演作のギャラと、『パイレーツ・オブ・カリビアン6』で支払われるはずだった金額は以下の通り。

映画『オリエント急行殺人事件』(2017年)

ジョニーのギャラ:1,000万ドル(約13億円)

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018年)

ジョニーのギャラ:1350万ドル(約17.5億円)

映画『シティ・オブ・ライズ』(2018年)

ジョニーのギャラ:800万ドル(約10億円)

映画『ウェイティング・バーバリアンズ 帝国の黄昏』(2019年)

ジョニーのギャラ:100万ドル(約1.3億円)

映画『ミナマタ』(2020年)

ジョニーのギャラ:300万ドル(約3.9億円)

しかし彼のエージェントは、ジョニーがこのプロジェクトに協力するために給料をカットしなければならなかったと指摘した。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン6(仮題)』

この映画が作られていたら、ジョニーの給料は2250万ドル(約29億円)になっていただろうと代理人はコメント。アンバー・ハードのDVに関する論説が寄稿された後、ディズニーがジョニーの起用をやめ、この映画は作られなかった。

ジョニー・デップとアンバー・ハード

名誉棄損裁判で勝訴のジョニー・デップ、喜びを語る! 「陪審員が私の人生を取り戻してくれた」 一方アンバー・ハードは「今日の失望は言葉では表せない」と落胆

2022年6月2日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、名誉棄損裁判で勝訴! 元妻アンバー・ハードに約13億円の損害賠償支払いが命じられる

2022年6月2日
アンバー・ハード

アンバー・ハード、元夫ジョニー・デップとの法廷論争の一方で新作映画に出演決定!なんと2本の話題作に出演することに・・いったいどの作品?

2022年6月1日
ジョニー・デップと、カミーユ・ベスケス弁護士

ジョニー・デップの弁護士のタトゥーを入れたTikTokerが話題!「彼女を見ていて、その時感じたことを記念に残したいと思った」しかしネットでは賛否両論の声・・?

2022年6月1日
交際当時のケイト・モスとジョニー・デップ

ジョニー・デップ、裁判で彼の暴力を否定したケイト・モスと打ち上げパーティー! ジェフ・ベックのライブにも再度登場

2022年6月1日
ジョニー・デップと、イーロン・マスク

イーロン・マスク、ついにアンバー・ハードとジョニー・デップの裁判に言及! イーロンが味方したのはどっち・・?

2022年5月31日
アンバー・ハードとジョニー・デップ

ジョニー・デップ、ついに証言台へ! 元妻アンバー・ハードを「極悪非道」と猛批判… アンバーがつづったDV記事の内容を完全否定

2022年4月21日
tvgrooveをフォロー!