ジョニー・デップ、あの敏腕弁護士と再びタッグを組むことが決定! ジョニーが来月おこなう裁判とは・・?

ジョニー・デップと、カミーユ・バスケス Photo: Shaw Thew/AP/Shutterstock
ジョニー・デップと、カミーユ・バスケス Photo: Shaw Thew/AP/Shutterstock

ジョニー・デップとあの敏腕弁護士が、再びタッグを組むようだ。

Insider紙が報じたところによると、来月行われる裁判にて、俳優ジョニー・デップの弁護士チームの中に、元妻アンバー・ハードとの法廷バトルで大活躍した弁護士カミーユ・バスケスの名が記されていることがわかったという。

来月行われる裁判とは、2018年にジョニーが出演した映画『L.A.コールドケース』でロケーションマネージャーをつとめていたグレッグ・ブルックスという人物によるもの。

この人物は、ロサンゼルスでの映画の撮影中、ジョニーから2度肋骨を殴られたうえ、「いますぐオレを殴れば10万ドル(約1300万円)やるぞ」とおどされたと主張。ロサンゼルス高等裁判所に民事訴訟を起こしている。

グレッグ・ブルックスは、暴行や精神的苦痛、不当解雇など10件の訴因に関連し、損害賠償を求めている。その額は公表されていない。

訴状の中でブルックスは、2017年4月13日、ジョニーに撮影現場における制限事項を伝えたところ、ののしられた上、暴力を振るわれたと主張しており、「息からアルコールのにおいがした」とも訴えている。その後すぐにボディーガードがやってきてジョニーを制止したが、今回の件を口外しないことを拒否したことから、解雇されたと主張している。

また被告の中には、『L.A.コールドケース』のプロデューサー、ミリアム・セガールも名を連ねている。

ブルックスの弁護士は裁判書類の中で、「2017年4月16日、事件後の月曜日、原告は製作室にもどり、作品の仕上げに取りかかった」と記すと、「到着するやいなや、原告はセガールから、制作側に対して裁判を起こさないという書類へのサインを求められた。原告がこれを拒否すると、突然仕事を止められた」とこれまでの経緯をつづっている。

ジョニー・デップとアンバー・ハード(2015年) photo : Silvia Izquierdo/AP/Shutterstock

ジョニー・デップ&アンバー・ハード、裁判の陪審員が「アンバーの行動は不快だった」と暴露! ジョニーが勝訴した真の理由が明らかに[動画あり]

2022年6月17日
アンバー・ハード

アンバー・ハード、元夫ジョニー・デップを「今も愛している」! 泥沼裁判で敗訴した彼女の心中やいかに? 最新インタビュー予告映像が公開

2022年6月16日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、あの大人気マーベル映画スターと勝訴を祝うテレビ電話をしていた! その人物がジョニーに伝えた言葉とは・・

2022年6月15日
ジョニー・デップ photo : Michael Reynolds/AP/Shutterstock

ジョニー・デップ、7月にまた裁判をすることに! ドロ沼裁判が終わったばかりなのに一体どうして・・・?

2022年6月14日
ジョニー・デップと、カミーユ・バスケス Photo: Shaw Thew/AP/Shutterstock

ジョニー・デップ、裁判中は「超過密スケジュール」だった!? 睡眠時間がなんと1時間のときも・・ 裁判で一躍有名になった弁護士が明かす

2022年6月10日
ジョニー・デップと、カミーユ・バスケス Photo: Shaw Thew/AP/Shutterstock

ジョニー・デップの弁護士、ジョニーとのロマンスとのウワサに言及! 「非理論的な攻撃ですし、性差別的です」と非難

2022年6月10日
tvgrooveをフォロー!