人気バンド「グリーン・デイ」ビリー・ジョー・アームストロング、米中絶禁止法を受け、市民権を放棄し移住を決意! 「アメリカなんてクソくらえ」[動画あり]

グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロング
グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロング

米人気バンド「グリーン・デイ」のボーカリスト、ビリー・ジョー・アームストロングがアメリカを去り、英国に移住する意思があると発言した。

グリーン・デイは6月24日、英ロンドンでコンサートを開催。Deadlineによるとこのコンサート中にビリー・ジョー・アームストロングは「アメリカなんてファックだ、俺のクソ市民権なんて破棄する。こっち(英国)に来るぞ」と言い、アメリカの市民権を手放す予定であると発言した。

6月24日、米連邦最高裁は1973年から施行されていた「ロー対ウェイド」の判決をくつがえした。「ロー対ウェイド」の判決は女性の中絶権を合憲としてきたが、これが覆ったことによりアメリカでは女性の中絶権が憲法で保障されなくなった。これに対し多くの著名人や活動家が強い抗議をしている。

ビリーも中絶禁止法に反対しているようで、それがアメリカを去る理由の一つとなっているようだ。この日のコンサート中に彼は「世界にはバカバカしいことが多すぎる。あのみじめでクソな言い訳に戻るなんて」「ああ、ジョークを言ってるわけじゃないよ。僕を見る機会が(イギリスでは)増えるだろうね」と、イギリス移住への決意を語った。

アレクサンドリア・オカシオ=コルテス

米最高裁の中絶を違憲とする判断に、女性政治家が強く抗議! レイプされ中絶を考えた自身の辛い過去も告白… 「これは女性の権利の問題なんかじゃない。全員の問題です」 [動画あり]

2022年6月27日
オリヴィア・ロドリゴ

オリヴィア・ロドリゴ、コンサート中に最高裁の判事を糾弾! 中絶禁止法の決定に「打ちのめされ、恐怖を感じている」と本音を吐露[動画あり]

2022年6月27日
メドウ・ウォーカー

『ワイスピ』ポール・ウォーカーの娘メドウ、2020年に中絶したことを告白 アメリカ最高裁が中絶を認める権利を覆し、声を上げる

2022年6月27日
ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュ、米テキサス州の中絶禁止法に激怒! 「女性の権利に関して何も言わない男性たちに気分が悪くなる」

2021年9月7日
tvgrooveをフォロー!