「フルハウス」ジョディ・スウィーティン、抗議デモ中に警察に押し倒され大転倒! 「正義がなければ平和もない」… 中絶禁止法への憤りをあらわに[動画あり]

ジョディ・スウィーティン
ジョディ・スウィーティン

ドラマ「フルハウス」や続編の「フラーハウス」などへの出演で知られる女優のジョディ・スウィーティン(40)が、アメリカで先日施行が始まった中絶禁止法に対する抗議デモに参加し、その途中で警察にコンクリートにたたきつけられた。

TMZによるとジョディ・スウィーティンは先日、米ロサンゼルスのフリーウェイ上で中絶禁止法に対するデモに参加。多くの人が参加していたこのデモだが、ロサンゼルス警察が現場へかけつけ、デモ隊の行き先を遮断した。

警察はジョディに近づくと、彼女をデモ隊の中に力強く押し戻した。デモ隊に両手で押されたジョディは縁石につまづき、地面に叩きつけられる形となった。

このビデオを公開した人物によると、ジョディは警察に押し倒された際、デモグループをフリーウェイから出るようリードしていたという。ジョディが転倒したあと、デモ隊は「正義がなければ平和もない」ととなえ、ジョディもそれに参加した。

この後ジョディ本人はTMZに対し「昨日、憲法修正第1条の権利を使用して、最高裁が決定した計り知れない不正に対し、平和的に抗議するため、すぐに行動を起こした何百人もの人々を、私はとても誇りに思います。私たちの声が聞きとどけられ、行動が起こるまで、私たちの活動は続きます。このような事態にもめげず、私たちは権利のためにたたかい続けます。私たち全員が自由になるまで、私たちは自由ではありません」と声明を出し、またケガなどはなかったと発表した。

6月24日、米連邦最高裁は1973年から施行されていた「ロー対ウェイド」の判決を覆(くつがえ)した。「ロー対ウェイド」の判決は女性の中絶権を合憲としてきたが、これが覆ったことによりアメリカでは女性の中絶権が憲法で保障されなくなった。

この決定に対しオリヴィア・ロドリゴグリーン・デイ、政治家のアレクサンドリア・オカシオ=コルテスら数えきれないほどの著名人が抗議の声をあげている。

グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロング

人気バンド「グリーン・デイ」ビリー・ジョー・アームストロング、米中絶禁止法を受け、市民権を放棄し移住を決意! 「アメリカなんてクソくらえ」[動画あり]

2022年6月27日
アレクサンドリア・オカシオ=コルテス

米最高裁の中絶を違憲とする判断に、女性政治家が強く抗議! レイプされ中絶を考えた自身の辛い過去も告白… 「これは女性の権利の問題なんかじゃない。全員の問題です」 [動画あり]

2022年6月27日
オリヴィア・ロドリゴ

オリヴィア・ロドリゴ、コンサート中に最高裁の判事を糾弾! 中絶禁止法の決定に「打ちのめされ、恐怖を感じている」と本音を吐露[動画あり]

2022年6月27日
メドウ・ウォーカー

『ワイスピ』ポール・ウォーカーの娘メドウ、2020年に中絶したことを告白 アメリカ最高裁が中絶を認める権利を覆し、声を上げる

2022年6月27日
ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュ、米テキサス州の中絶禁止法に激怒! 「女性の権利に関して何も言わない男性たちに気分が悪くなる」

2021年9月7日
tvgrooveをフォロー!