ヴィゴ・モーテンセン、コリン・ファレルら豪華キャスト集結!感動の救出劇を描く『13人の命』、オスカー受賞監督のロン・ハワードと共同プロデューサーに独占インタビュー! 『バックドラフト』や『アポロ13』など過去作品から得たヒントとは・・?

『13人の命』ロン・ハワード監督 
『13人の命』ロン・ハワード監督 Director Ron Howard on the set of THIRTEEN LIVES A Metro Goldwyn Mayer Pictures film. Photo credit: Vince Valitutti © 2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

2018年にタイ北部で起きたサッカーチームの少年&コーチ計13名の遭難と奇跡の救出劇を映画化した『13人の命』が、Prime Videoにて2022年8月5日(金)より、240を超える国と地域で独占配信される。

本作でメガホンを撮るのは、これまで『バックドラフト』や『アポロ13』などを手掛け、『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞監督賞・作品賞を受賞した経験を持つ巨匠、ロン・ハワード監督。本作配信に先駆け、tvgrooveは独占インタビューを決行。共同プロデューサーでタイのフィルムメーカーでもあるVorakorn “Billy” Ruetaivanichkul さん(以下、ビリーさん)も同席し、本作について存分に語っていただいた。

ーーこの度は、映画のリリースおめでとうございます。ロン・ハワード監督は、これまでも『バックドラフト』などディザスター映画を手掛けてきましたが、今回、この作品を手がけるにあたって、過去の作品からヒントを得たことなどありますか。

ハワード監督:私はいつも、どの作品からも学んでいます。『バックドラフト』での火災、『アポロ13』での宇宙空間や、閉所恐怖症、恐れる心など、監督として私の学んだ体験は、確実にこの作品に生かされていると思います。 またF1レーサーを描いた『ラッシュ/プライドと友情』もそのひとつです。この作品は国際色豊かで、異なる言語が使われていて、異なる文化も反映されていました。

そして、これらの作品から得た教訓は、できるだけこの作品にも反映させたのです。メッセージのパワーを理解することはとても重要で、メッセージがひとつになることで奇跡が起こるものです。だから、私は、『13人の命』が人々を夢中にさせるものであり、エンターテイメントであり、そして感情的なサスペンスや緊張感も作り出していると実感しています。

ーー共同プロデューサーのビリーさんは、この事件が起きた当時の心境などを覚えていらっしゃいますか?今回、このプロジェクトに参加すると決定した時の心境などもお聞かせください。

ビリーさん:私はこの事件に対して以前からすごく興味を持っていました。 最初、私の同僚がこのプロジェクトに参加していて、その後、声をかけてもらったのです。私はまだ若いフィルムメーカーなので、このプロジェクトは私自身のためになると思いました。このプロジェクトに参加したのは、自分自身を成長させ、タイで起こったこの物語を世界に伝える良い機会だと思ったからです。このプロジェクトに参加したことは、決して後悔していません。ロン監督や他のプロデューサーたちから、この壮大な物語を映画的なストーリーテリングにすることについてなど、多くのことを学びました。この作品はタイ北部を舞台にしているため、タイ国内の建築物を調査する必要があり、現地文化財、そこに住む人々の文化、話し方、信仰、人々の反応など、この作品の中に取り入れることができるものすべてを調査しました。私はタイのフィルムメーカーとして、この物語を世界に発信できることを誇りに思っています。

ーー本作を見て、災害に対する人々の反応が、とても興味深かったです。救助の人に対し、怒りや苛立ちではなく、真っ先に手を合わして「ありがとう」というのは、タイのすばらしい文化だと実感しました。実際に撮影するにあたって、タイの文化について監督が最も表現したかったポイントはありますか?

ハワード監督:タイを舞台にした国際的な作品というと、アクション映画、犯罪映画、そして銃撃戦などがあり、エキゾチックな文化というイメージがあります。そしてタイの文化について詳しく知っている人は少ないと言えるでしょう。『13人の命』に関わった誰もが気に入っているのは、この映画がタイの文化について非常に真実味のある方法で伝えているポジティブな映画ということだと思います。犯罪を扱わず、アクションを扱っていないですからね。救助に責任を持つことはもちろんのこと、サポートのために心や扉を開くすばらしさ、そしてリーダーシップを持つためのすばらしい決断があり、すばらしい問題解決の例があって、私はそれを映画に反映したかったのです。

ーー狭い洞窟を通るシーンは、見ていてもとても緊張感が伝わってきました。このような圧迫感と緊張感のあるシーンの撮影はどのようにして行われましたか。撮影で特に困難だった部分はありますか。

ハワード監督:プロダクションデザイナーと絵コンテ作家、そして私は、実際のダイバーたちと、彼らが遭遇した最も危険な場所や救助の複雑さについて話し合いました。そして、最も困難で命を脅かす場所について詳細に記録して、それからそのセットをどう作るかという挑戦が始まったのです。なぜなら、実際に洞窟の中で撮影することは、まったくもって安全ではありませんからね。

しかし、それでも洞窟のセットは複雑で、作業も少し大変でした。常に真実から入念のプロセスを取り入れ、この洞窟に入るのはどんな感じなのか、どんな挑戦があったのか、どんな脅威があったのか・・・それを知ることで映画のサスペンスが生まれると思ったのです。先に何があるのかわからない、お化け屋敷や行くようなものですから。

Prime Video『13人の命』© 2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

Prime Video『13人の命』© 2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

ーービリーさんは、撮影で何か難しく感じた部分はありましたか?

実は私の主な仕事は、ほとんど男の子たちと一緒にいることでした。ほとんどの人はプロの俳優ではありません。私は彼らが撮影に対応できるように準備しなければなりませんでした。私は彼らにキャラクターになりきってもらうようお願いしたのです。制作チームは、撮影現場を本当に信頼できるものにしてくれていました。なので撮影の前に、15分ほどセットで待機してもらって、そこに座って、じっとして、ただそこにいて、その空間に身を置いてもらいました。だから、「これから洞窟の中に入っても大丈夫だ」と思ってもらうことは、さほど難しいことではありませんでした。これは、コラボレーションの結果だと思います。

ーー本作を楽しみにしている日本のファンへメッセージをお願いいたします。

ハワード監督:みなさんこんにちは。私が心から願うことは、日本の観客が、この作品を懸命に受け止めてくれることです。この作品は、すばらしいヒューマンストーリーです。サスペンスに満ちていますが、希望もあります。日本の観客のみなさんとこの作品を分かちあえることをとてもうれしく思っています。

ビリーさん:まず、日本の観客にご挨拶したいです。私たちの映画を楽しんでいたけたら光栄です。私たちの映画は、お互いに助け合うという人間のすばらしい精神をもたらすものです。この映画がエンターテイメントと、そしてこの難しい時代を歩むためのすばらしい精神を、観客たちに与えてくれることを願っています。

(インタビュー終わり)[取材・文 / 齋藤彩加]


『13人の命』

2022年8月5日(金)Prime Videoにて独占配信開始

Prime Video『13人の命』© 2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

tvgrooveをフォロー!