女優ジェニファー・クーリッジ、映画『アメリカン・パイ』のキャラが実生活に与えた影響を告白! 「200人とセックスした」 オドロキのエピソードを明かす

ジェニファー・クーリッジ Photo: Gregory Pace/Shutterstock
ジェニファー・クーリッジ Photo: Gregory Pace/Shutterstock

ジェニファー・クーリッジが、衝撃的な告白をしている。

女優のジェニファー・クーリッジといえば、1990年代後半から2000年代前半にかけて公開された、ちょっとエッチな青春コメディ映画『アメリカン・パイ』シリーズへの出演で知られている。

このたびVarietyの取材に応じたジェニファーは、この作品で演じたセクシーなママという役柄が実生活に与えた影響を語った。なお『アメリカン・パイ』の中には、ジェニファーが演じるキャラクターが息子の友達と性的な関係を持つ場面がある。

インタビューの中で「『アメリカン・パイ』という作品や、『母親に性的興奮を覚える』というシチュエーションについては、じつはすごく気に入っているの。『セクシーな母親』を演じるために、『アメリカン・パイ』から教えてもらったことはたくさんあるからね」と語ったジェニファーは、「あの映画から得られたものは本当に多いのよ。実際にセックスした人なんて、200人とまではいかないけれど、同じくらいいるんじゃないかしら」と衝撃的な告白をした。

このように「アダルト」なイメージが強いジェニファーだが、シリアスな役柄にもいくつか挑戦している。昨年米HBOチャンネルで放送されたブラックコメディ「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」にてタニヤ・マクウォイド役を演じた際には、自身初のエミー賞にノミネートされた。

この作品のプロデューサー兼脚本を務めたマイク・ホワイトについてジェニファーは、「すばらしい人を友人として選ぶことができた」と考えていたことを明かした。

そしてジェニファーは、「もしマイクが成功せず、1人10ドルも支払わないような小さな劇場で『ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル』を見ることになったとしても、それはそれで、私にとって最もすばらしいできごとだったって言えるでしょうね。あの役が私にできるなんて、誰も思わなかったでしょうから」とこの作品への思いを語っている。

ジョニー・デップと、エレン・バーキン(2003年)

ジョニー・デップの元恋人エレン・バーキン、アンバー・ハードとの裁判の証言でジョニーとの複雑な交際過去を振り返っていた! 「睡眠薬を渡されてセックスしたいと言われた」

2022年8月7日
ケシャ

歌手のケシャ、「幽霊とセックスした」発言を詳細にふりかえる! 「ぶっちゃけて言うと・・・」

2022年7月7日
チャーリー・プース

チャーリー・プース、童貞を捨てた相手はファンの女の子だったと大胆告白! 「ロックスターになった気分で・・」 さらにセックスと音楽について語る

2022年6月2日
レイ・ジェイと、キム・カーダシアン(2006年)

キム・カーダシアン、幻の別のセックステープはヤラセ!? 「あきれた。ウソばっかりだ」 相手とされるレイ・ジェイがテープの存在を完全否定

2022年5月5日
『キューティ・ブロンド』

リース・ウィザースプーン&ジェニファー・クーリッジ、『キューティ・ブロンド3』の内容に言及!? 「20年という時を経て・・」 最新インタビューにファン興奮

2021年12月20日
tvgrooveをフォロー!