クリスティン・ベル、『アナと雪の女王』を繰り返し見なくてはならない親に“謝罪”!自身も親であるクリスティンも共感できる部分あり?

クリスティン・ベル
クリスティン・ベル

ディズニー名作『アナと雪の女王』で、アナ役を務めたクリスティン・ベルが、『アナ雪』を繰り返し見ないといけない親に謝罪したことが話題となっている。

瞬く間に人気となった『アナと雪の女王』。クリスティンは本作でで、氷の力を持つエルサの妹アナ役として出演し、彼らの土地から永遠の冬を取り除くために、心の葛藤を解決する旅に出る。『アナと雪の女王』オリジナル版では、クリスティンのほか、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフ、ジョシュ・ギャッド、サンティノ・フォンタナ、アラン・テュディックといったキャストが出演している。

批評家からも観客からも絶賛され、12億8000万ドル以上の興行収入を記録した『アナと雪の女王』は、瞬く間に世界的な現象となり、アカデミー賞では長編アニメーション賞とオリジナル楽曲賞(「レット・イット・ゴー~ありのままで~」)の2部門を獲得した。この映画の批評的・商業的成功により、『アナと雪の女王2』の製作が決定し、2019年に劇場公開され、同様の批評的・商業的賞賛を受けたが、唯一のオスカー候補であるオリジナル楽曲賞には届かなかった。

先日、D23 Expoに登場したクリスティン・ベルは、約10年前に公開された『アナ雪』フランチャイズのレガシーについて振り返った。「『アナと雪の女王』を繰り返し聴かなければならなかったすべての親御さんに申し訳ないと言いたいです。私はあなたを感じ、あなたを見て、あなたの立場でもあります。だからわかります! ディズニーは私に、大きな夢を持ち、自分の心に従いなさいと教えてくれました。そして、いつでも歌い出すことができるということを教えてくれました。アナを演じることは、私の人生のハイライトだと思います」とコメントした。

▽Disney+ (ディズニープラス)入会方法

親が『アナと雪の女王』を見返さなければならないことに対するクリスティンの陽気な謝罪は、ディズニーのヒット作であるアナ雪ファンにとって、とてもスウィートな瞬間となったことだろう。

「ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル」シーズン3 キービジュアル

『アナと雪の女王』のパフォーマンスも! サマーキャンプが舞台の「ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル」シーズン3、いよいよ来週から独占配信開始[日本版予告編あり]

2022年7月20日
「リロ&スティッチ」 Photo: Shutterstock

姉妹愛を描いた『アナと雪の女王』を称賛する声に、ディズニー映画『リロ&スティッチ』監督は不満だった!? その心情を明かす

2022年6月24日
「オラフが贈る物語」© 2021 Disney

『アナと雪の女王』のオラフが、ディズニー映画の名シーンを再現!? オラフの多才っぷりにも注目! 新作「オラフが贈る物語」予告編が解禁

2021年10月29日
オーロラ

『アナと雪の女王2』の歌姫オーロラ、2年半ぶりの新作アルバム『The Gods We Can Touch』来年1月発売決定、先行シングル「Giving In To The Love」も同時解禁

2021年10月14日
© 2021 Disney, © 2021 Disney/Pixar, © 2021 Marvel, © 2021 Lucasfilm Ltd.

『アベンジャーズ』のNGシーンや『アナと雪の女王』『ズートピア』の削除シーンも! 超人気作品の舞台裏 & 特別映像がディズニープラスで一挙配信決定

2021年10月12日
tvgrooveをフォロー!