歌姫アデル、7年連れ添った実業家の夫と破局

アデル
アデル

これまでに何度もグラミー賞してきている歌姫のアデル(30)が、7年連れ添った夫で実業家で慈善家のサイモン・コネッキー(44)と破局したことがわかった。AP NEWSなどが報じている。

アデルとサイモン・コネッキーは、2011年の終わり頃から交際をスタートさせ、2012年には息子アンジェロ君(6)が誕生。あまり交際について語ることがなく、公の場に揃って出ることもなかったふたりだが、2016年の暮れにアデルが左手薬指に指輪をしている姿がパパラッチされ、2017年の「第59回グラミー賞授賞式」で、最多となる5部門で同賞に輝いたアデルは、受賞スピーチで「私の夫に感謝します」とコメントし、初めてパートナーのサイモンとの結婚を認める発言が話題となった。

そんなアデルとサイモンだったが、破局したことがわかった。

米時間4月19日、アデルの代理人はAP NEWSなど複数のメディアを通じ「アデルと彼女のパートナーは破局しました。ふたりはこれからも息子を大切に育てていくことに集中していきます。これからも彼らのプライバシーのご配慮をお願いいたします」と、声明を発表した。

ふたりは息子アンジェロとともに、ロンドンとビバリーヒルズで幸せそうに生活していたが、なぜ破局したかは理由はわかっておらず、代理人も「さらなる詳細については発表することはない」と説明している。

また現在アデルは、スタジオに出入りする姿が目撃され、新アルバムの制作に取り掛かっているとウワサされている。

歌姫アデル&女優ジェニファー・ローレンスがゲイバーで酔っぱらって大はしゃぎ! 「こんにちはアデルです・・」[写真・動画あり]

2019.03.26