ENTERTAINMENTFILMS/TV SERIESNEWS

『ジャスティス・リーグ』ザック・スナイダー監督が贈るネットフリックス『レベル・ムーン(原題)』ティザービジュアル解禁! 黒澤明『七人の侍』にインスパイアされ、構想なんと20年以上

『レベル・ムーン(原題)』:ティザービジュアル ENTERTAINMENT
『レベル・ムーン(原題)』:ティザービジュアル

ネットフリックス(Netflix)にて映画『レベル・ムーン(原題)』が12月22日(金)より世界独占配信。

本作は、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』、『ジャスティス・リーグ』など数々のヒット作を生み出してきたザック・スナイダー監督が、黒澤明監督の『七人の侍』からインスパイアを受け、20年以上に渡って構想を練り上げてきた〈スペクタクル巨編〉。

世界を支配する強大な敵“マザー・ワールド”に侵略されたスペースコロニー。主人公の〈コラ〉は、人々を解放するため、生まれも育ちも異なる7人の戦士を探し出し、人々の“自由”と“未来”を懸けた大反乱を巻き起こす。この度、この超大作の主人公に大抜擢されたソフィア・ブテラ(『キングスマン』、『スター・トレックBEYOND』)演じるコラが、仲間となる戦士たちを探す旅に出る姿を描いたティザービジュアルが解禁。併せて、強大な敵に反旗を翻すコラと7人の戦士たちの姿を収めた場面写真も一挙解禁となった。

『レベル・ムーン(原題)』場面写真

『レベル・ムーン(原題)』場面写真

物語の舞台は、巨万の富と政治力、そして軍事力を持つ巨大帝国“マザー・ワールド”が支配する銀河。主人公・コラ(演:ソフィア・ブテラ)が住む衛星“ヴェルト”は、そんな“マザー・ワールド”の支配を受けない平和なコロニーだったが、ある日突然、彼らは侵略を開始する。コラは、“ヴェルト”の人々を守るため、“マザー・ワールド”に挑むことを決意し、共に戦う有能な戦士を探し始める。そして、それぞれ異なる世界から来たはみ出し者、反乱分子、農民、孤児らを集め、小さな戦士団を結成。衛星“ヴェルト”に帝国の脅威が迫る中、銀河の運命をかけた戦いの火蓋が切られる。

ザック・スナイダー監督が、監督人生のほとんどの時間をかけて作り上げてきたと公言する本作は、二部作で贈られる壮大なプロジェクト。「長年温めてきた物語を語る機会が来た」とスナイダー監督が自信を見せる本作には、是枝裕和監督の『空気人形』で主演を務め、日本アカデミー賞で優秀主演女優賞を受賞したこともあるペ・ドゥナや、『羊たちの沈黙』と『ファーザー』で2度アカデミー賞主演男優賞を受賞した名俳優アンソニー・ホプキンスなど実力派のキャストも出演。さらに、広大な土地に作られた大規模セットや、想像を超える爆破シーン、緊迫感溢れるアクションなど、壮大な世界観を予感させる映像が先日解禁されたことで、映画ファンの間でも注目を集めている。

この冬、新たに誕生する誰も見たことのない壮大な叙事詩を見逃すな!


『レベル・ムーン(原題)』

Netflix映画『レベル・ムーン(原題)』12月22日(金)より世界独占配信
公式サイト:https://www.netflix.com/title/81464239

tvgrooveをフォロー!