ENTERTAINMENTEVENTSMUSIC/ARTISTSNEWS

マネスキン待望のジャパン・ツアーがスタート! 12/2に行われた東京・有明アリーナ公演の模様が明らかに[セットリストあり]

photo by Fabio Germinario ENTERTAINMENT
photo by Fabio Germinario

世界中を席巻しているイタリアのロック・バンド“マネスキン”。待望のジャパン・ツアーが12月2日(土)の有明アリーナ公演を皮切りにスタート!熱狂と興奮が渦巻いたツアー初日の模様を速報する。

四方八方から眩いライトに照らされたステージ上に幕がついたまま、オープニングナンバーの「DON’T WANNA SLEEP」がスタート。幕の内側から「Tokyo!」とダミアーノ(Vo)が叫び、顔が見えない中でもオーラがすでに漂う。1コーラス近く過ぎたあたりで幕が下り、メンバーの姿が見えると会場の熱狂は早くも最高潮に。その後も「GOSSIP」「ZITTI E BUONI」と彼らを代表するナンバーが続き、休む間もなくLIVEは進行する。

photo by Fabio Germinario

photo by Fabio Germinario

最初のMCで、「Hi Tokyo こんばんは。ここに戻って来られて本当にハッピーだ。開演前からすでに来た甲斐があったと思ったよ。始まる前から歓声を上げてくれただろう?みんなすでに立ち上がっていたし。最高の観衆だ!」 と述べ、そこから最新ヒット曲「HONEY(ARE U COMING?)」がスタート。先日TV番組でも披露したナンバーでもあり、オーディエンスとの掛け合いも見事な展開だった。

その後も「SUPERMODEL」「BEGGIN’ 」などのヒット曲、最新アルバムのニュー・ヴァージョン『RUSH!(ARE U COMING?)』からの新曲などが随所に組み込まれたセットリストで、時にはステージ下に降り、アリーナの通路で演奏するなど多彩なパフォーマンスを魅せる。

ちょうど1時間くらい演奏を終えたところで会場が暗転。しばらくするとアリーナ後方に小さなステージが浮かび上がり、ダミアーノ、イーサン(Dr)、トーマス(G)が登場。イーサンはスティックからギターに持ち替え、3人態勢でアコースティック・セクションがスタート。「TRASTEVERE」「TIMEZONE」の2曲を披露し、これまでの激しさとは打って変わった優しく、美しい演奏が会場を包み込んだ。

photo by Fabio Germinario

photo by Fabio Germinario

メイン・ステージに戻り、イーサンのカウントからイーサンとヴィクトリア(B)によるセッションがスタート。再び熱狂のビートがオーディエンスに襲い掛かり「I WANNA BE YOUR SLAVE」がスタート、同曲の定番のパフォーマンスでもある観客を一旦しゃがませてからのジャンプは、この日もっとも記憶に残る風景だったという人も多いことだろう。

また「ずっと長い間この曲を紹介するのを待っていたんだ。誰もが知っているイタリア語の言葉がひとつある。それは、実はこの国(日本)のおかげなんだ。だって日本で生まれたキャラクターがいつも言っているセリフだからね。ということでみんな、スーパーマリオみたいに(笑)こう言ってみよう。(マリオ風の声で)マンマミーア~!Let’s go!」というMCから「MAMMAMIA」を披露。

photo by Fabio Germinario

photo by Fabio Germinario

その後もアップテンポなナンバーが続き、LIVEは終盤へ。ラストナンバー「KOOL KIDS」がスタートすると、ステージ上に約30人のオーディエンスも上がり、メンバーと一緒にもみくちゃになりながらのプレイはアリーナ会場がライヴハウスになったかのようであった。

アンコールはトーマスによるギター・ソロから、バラード楽曲「THE LONELIEST」を披露。満員の観客が照らすスマートフォンのライトが幻想的で美しい光景を創り出していた。アンコールラストはこの日2度目の「I WANNA BE YOUR SLAVE」で再び熱狂の渦に会場を巻き込み、LIVEは終了。

photo by Fabio Germinario

photo by Fabio Germinario

「Thank you Tokyo!アリガトウゴザイマス!また会おう!」の言葉を残し、ステージを後にしたメンバー。この日のLIVEは参加した全ての人にとって忘れられない夜となっただろう。12月5日(火)の東京ガーデンシアター、12月7日(木)の神戸ワールド記念ホール公演も楽しみにしていてほしい。

photo by Fabio Germinario

photo by Fabio Germinario

【12月2日有明アリーナ公演セットリスト】

<メイン・ステージ>
1. DON’T WANNA SLEEP
2. GOSSIP (FEAT. TOM MORELLO)
3. ZITTI E BUONI
4. HONEY (ARE U COMING?)
5. SUPERMODEL
6. CORALINE
7. BEGGIN’
8. THE DRIVER
9. FOR YOUR LOVE
10. VALENTINE
11. GASOLINE
<アコースティック・セクション>
12. TRASTEVERE
13. TIMEZONE
<メイン・ステージ>
14. INTRO
15. I WANNA BE YOUR SLAVE
16. MAMMAMIA
17. OFF MY FACE
18. IN NOME DEL PADRE
19. BLA BLA BLA
20. KOOL KIDS
<アンコール>
21. THE LONELIEST
22. I WANNA BE YOUR SLAVE

セットリスト・プレイリスト リンク先一覧

Måneskin Rush! World Tour 2023 : 12.02 TOKYO, JAPAN ARIAKE ARENA Setlist
Listen to content by マネスキン.

最新アルバム「ラッシュ!(アー・ユー・カミング?)」各配信・購入サイト

Måneskin - RUSH! (ARE U COMING?)
Listen to RUSH! (ARE U COMING?) by Måneskin.

リリース情報

最新アルバム「ラッシュ!(アー・ユー・カミング?)」

発売中

日本盤CDのみ、LIVE映像Blu-rayが付属

品番:SICP-6553~6554

価格:\6,000(税込)

≪収録曲≫

CD

1. ハニー(アー・ユー・カミング?)|HONEY(ARE U COMING?)
2. ヴァレンタイン | VALENTINE
3. オフ・マイ・フェイス | OFF MY FACE
4. ザ・ドライヴァー | THE DRIVER
5. トラステヴェレ | TRASTEVERE
6. オウン・マイ・マインド | OWN MY MIND
7. ゴシップ feat. トム・モレロ | GOSSIP feat. TOM MORELLO
8. タイムゾーン | TIMEZONE
9. ブラ・ブラ・ブラ | BLA BLA BLA
10. ベイビー・セッド | BABY SAID
11. ガソリン | GASOLINE
12. フィール | FEEL
13. ドント・ワナ・スリープ | DON’T WANNA SLEEP
14. クール・キッズ | KOOL KIDS
15. イフ・ノット・フォー・ユー | IF NOT FOR YOU
16. リード・ユア・ダイアリー | READ YOUR DIARY
17. マーク・チャップマン | MARK CHAPMAN
18. ラ・フィーネ | LA FINE
19. イル・ドーノ・デッラ・ヴィータ | IL DONO DELLA VITA
20. マンマミーア | MAMMAMIA
21. スーパーモデル | SUPERMODEL
22. ザ・ロンリエスト | THE LONELIEST
23. タッチ・ミー | TOUCH ME(日本盤ボーナス・トラック)

Blu-ray「Loud Kids Tour Gets Louder In Paris」

1. ドント・ワナ・スリープ | DON’T WANNA SLEEP
2. ゴシップ | GOSSIP
3. ジッティ・エ・ブオーニ | ZITTI E BUONI
4. スーパーモデル | SUPERMODEL
5. タイムゾーン | TIMEZONE
6. ブラ・ブラ・ブラ | BLA BLA BLA
7. ガソリン | GASOLINE
8. クール・キッズ | KOOL KIDS
9. ザ・ロンリエスト | THE LONELIEST
10. アイ・ワナ・ビー・ユア・スレイヴ | I WANNA BE YOUR SLAVE

マネスキン「Rush!WORLD TOUR」

東京 2023年12月2日(土)有明アリーナ[SOLD OUT]

東京 2023年12月3日(日)有明アリーナ[SOLD OUT]

東京 2023年12月5日(火)東京ガーデンシアター[SOLD OUT]

[問]クリエイティブマン 03-3499-6669

兵庫 2023年12月7日(木)神戸ワールド記念ホール[SOLD OUT]

[問]キョードーインフォメーション 0570-200-888

各ミュージック・ビデオ

【マネスキン「ハニー(アー・ユー・カミング?)」 (日本語字幕ver)】

【マネスキン「ベイビー・セッド」(日本語字幕ver)ミュージック・ビデオ】

【マネスキン「ゴシップ feat. トム・モレロ」(日本語字幕ver)ミュージック・ビデオ】

☆ソニーミュージック公式サイト内マネスキン特設サイト:https://www.sonymusic.co.jp/artist/maneskin/page/2023

マネスキン バイオグラフィー

ヨーロッパ最大の音楽の祭典“ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2021”で優勝し、瞬く間に全世界でブレイクしたマネスキン(デンマーク語で「月光」の意)。ダミアーノ・デイヴィッド(vo)、ヴィクトリア・デ・アンジェリス(b)、トーマス・ラッジ(g)、イーサン・トルキオ(ds)から成るイタリア・ローマ出身のZ世代4人組バンド。R&R、ラップ、レゲエ、ファンクなどの多彩な要素を、フロントマン・ダミアーノのソウルフルな声に織り交ぜたサウンドと、抜群のルックスを兼ねそろえた華やかなロック・スター然とした佇まいが特徴。ユーロヴィジョン優勝楽曲「ジッティ・エ・ブオーニ」、英語詞で独特のリズムがクセになる「アイ・ワナ・ビー・ユア・スレイヴ」といったオリジナル楽曲に加え、TikTokで再生回数が急上昇した、フォー・シーズンズのカヴァー曲「ベギン」の計3曲が世界各国でチャートイン。2022年夏、初来日を果たし、サマーソニックでのLIVEパフォーマンス、また様々なメディア露出で、日本でも大きな話題を呼ぶ。本年1月にリリースした最新アルバム「ラッシュ!」はオリコン週間アルバムランキングでTOP10入り、洋楽アルバムランキングでは1位を獲得(共に2023年1月30日付)するなど、洋楽の新人アーティストとしては異例のヒット、さらに世界でも12か国でNo.1を記録し、Spotifyで10億回再生(2023年8月時点)を達成するなど、今なおロングセラーとなっている。 世界中を熱狂させる圧倒的なライヴ・パフォーマンス、人々を魅了するセンセーショナルなメッセージ…その勢いはまだまだ止まる事を知らない。世界最大の音楽の祭典“グラミー賞”でも最優秀新人賞にノミネートされるなど、新たなロック・アイコンが不在の昨今、ロック復活の狼煙を上げてますます全世界的に勢力を増していく彼らに今後も注目だ。

マネスキンの代表曲をプレイリストで聴く

Måneskin|マネスキン
Listen to content by マネスキン.

関連サイト

・海外公式サイト(英語):https://www.maneskin.it/

・日本公式サイト:https://www.sonymusic.co.jp/artist/maneskin/

・YouTube チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCgQna2EqpzqzfBjlSmzT72w

・海外公式X(旧ツイッター):https://twitter.com/thisismaneskin

・海外公式Facebook:https://www.facebook.com/maneskinofficial/

・海外公式instagram:https://www.instagram.com/maneskinofficial/

※メンバー個別instagram

・ダミアーノ:https://www.instagram.com/damianodavid/

・ヴィクトリア:https://www.instagram.com/vicdeangelis/

・トーマス:https://www.instagram.com/thomasraggi__/

・イーサン:https://www.instagram.com/ethaneskin/

・ソニーミュージック洋楽X(旧ツイッター):https://twitter.com/INTSonyMusicJP

tvgrooveをフォロー!