実写版「ライオン・キング」のモデルとなった子ライオンが可愛すぎる! 「みごとに再現されている」と話題に[動画あり]

日本で8月9日に公開される実写版「ライオン・キング」。シンバの子供時代のモデルとなった赤ちゃんのライオンの実物が可愛いと話題となっている。

現在アメリカなどですでに公開され、記録的大ヒットとなっている「ライオン・キング」。Peopleによると、主人公シンバの幼少期のモデルとなったのは、米テキサス州ダラスにある、ダラス動物園にいるベハティちゃん(メス)だという。その可愛らしい映像が公開され、見る者の心を奪っている。

View this post on Instagram

BAHATI OR SIMBA?: The world's most famous lion cub may have gotten some of his moves from our very own Bahati! When Bahati was just a month old, we provided Disney with video of her movements for their animation team to use for motion and behavior reference when designing Simba in The Lion King. From walking on wobbly new legs, to licking milk droplets off of her face, we captured every moment, no matter how small. So now you MUST go see Disney's The Lion King (opening today!), and let us know if you see any bit of baby Bahati in Simba. - P.S. we'll be at Alamo Drafthouse in Lake Highlands this afternoon before the 4 pm showing! Stop by to get up-close with some of the animals on our Animal Adventures Outreach team.

A post shared by Dallas Zoo (@dallaszoo) on

動画ではまだまだライオンの力強さなどはなく、鳴き声も猫のように可愛いらしいベハティ。この動物園の投稿では「ディズニーにベハティが動いている動画を提供したときは、彼女はまだ生後1ヵ月でした。彼女の動画から、アニメーションチームはシンバの動きを参考にしたのです」「新しい足で立つ場面や、ミルク一滴を舐めるところまで、すべてをとらえたのです」と綴り、ベハティがシンバにどう反映されているか劇場へ見に行くよう呼びかけている。映画ではこのベハティのピュアで可愛らしい姿が見事な技術によって再現されているという。

この当時1か月だったベハティちゃんは、もう既に2歳半。赤ちゃんだった時の面影はあまりなく、たくましく育っているそうだ。シンバのモデルとなったベハティちゃんは、今でもダラス動物園で見ることができるという。

「ライオン・キング」は日本公開を間近に控える中、7月19日(金)<現地時間>全米で待望の公開を迎えオープニング3日間の興行収入1億8,500万ドル(約197億9,500万円)で、初登場第1位のキング・オブ・エンターテイメントに相応しい大ヒットスタートを切った。先日100億円突破したばかりの映画「アラジン」をも超えた驚異的な数字となっている。

映画『ライオン・キング』、全米オープニング興収 初登場1位! 『美女と野獣』『アラジン』を超え“キング”級大ヒット

2019年7月23日

映画「ライオン・キング」公開記念! ラフォーレ原宿に可愛すぎるコラボグッズが続々登場

2019年7月22日

ビヨンセ、「ライオン・キング」新曲MVでなんと娘のブルー・アイビーと共演! 親子二世代共演に感動の声[動画あり]

2019年7月17日

実写版「アラジン」に続編の可能性!? 「ジャファーの逆襲」も実写化なるか・・・?

2019年7月17日

「アラジン」ナオミ・スコット、感動的な「スピーチレス」シーンはワンカットで撮影されていた! 撮影秘話&オフショット満載の動画が公開[動画あり]

2019年7月4日
tvgrooveをフォロー!