ドレイク、ステージ上で未成年の女の子にキスする過去の映像が拡散! 「気持ち悪い」とバッシングの嵐[動画あり]

ドレイク

人気歌手ドレイク(32)が、過去にステージ上で、17歳の女の子にキスした映像が公開されバッシングを浴びている。米Us Weeklyなどが伝えている。

米時間1月3日、ツイッター上であるアカウントがドレイクの過去のコンサート映像を公開。これは2010年にデンバーで行われた公演だという。

動画ではドレイクが観客の女の子をステージにあげ、ロマンチックに一緒に踊っている。ドレイクは女の子の背後から肩に手を乗せ首元にキス。彼女を抱きしめ一瞬離れたドレイク。そしてドレイクが「これはトラブルになりそうだな!君は何歳なんだい?」と聞くと、女の子は「17歳です」と返答。ドレイクは「オレはまだ刑務所には行けないよ!17歳だって!なんでそんな風に(大人びて)見えるの?ムッチリしているね。とっても楽しかったよ。反省すべきかわからないけど、楽しかったよ!君の胸がぼくの胸に当たる感じが好きだよ。君に感謝したい」と言うと、彼女の手、左ほお、右ほお、おでこ、そしてなんと最後に口にキスしたのだ。

相手が10代と知りながらも、密着したりキスしたドレイクの行動と彼の発言にネットはバッシングの嵐。「気持ち悪い」「これはダメ」「警察呼ぶ」「おえっっ」と、ドレイクを批判するコメントが多く寄せられている。

またドレイクはネットフリックスの人気SFドラマ「ストレンジャー・シングス」のミリー・ボビー・ブラウン(14)と交友関係があり、ミリーを心配する声もあがっている。

この状況に関してドレイク本人はどう反応するだろうか…。

tvgrooveをフォロー!