ライアン・ジョンソン監督最新作『Knives Out』(原題)2020年1月、日本公開決定!ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス他超豪華キャストが集結

『Knives Out(ナイブズ・アウト)』(原題) 
『Knives Out(ナイブズ・アウト)』(原題) 

ライアン・ジョンソン監督((『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『LOOPER/ルーパー』)がオリジナル脚本とこれ以上にない豪華キャストを集結させついに完成させた話題の最新作『Knives Out(ナイブズ・アウト)』(原題)の日本公開が決定した。

ロッテントマト 驚異の100%(9/10時点) トロント国際映画祭でのワールドプレミアも大熱狂!

ワールドプレミアとなった9月のトロント国際映画祭では、数ある作品の中で高評価を獲得。その評価が注目された有名レビューサイト、ロッテントマトではなんと驚異の100%を記録!(9/10時点)

「最初から最後までワクワクが止まらない」「間違いなく今年一番のエンタメ映画」「世界には『ナイブズ・アウト』のような映画がもっと必要だ」「ハラハラする面白さ」「アガサ・クリスティーの現代版、一級品!」と、作品の面白さを絶賛する声はもちろん、「キャストの才能が、すべてのシーンで輝いている」といった、豪華すぎるキャストのアンサンブルに加え、注目された“キャプテン・アメリカ”と“ジェームズ・ボンド”の共演にも「エヴァンスが完璧なおべんちゃら男!」、「ブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)の世界なら喜んで何時間でもいたい“ボンドって誰だっけ?”」とそれぞれが演じた役柄にも大満足の評価。

ツイッター上には早くもクリス・エヴァンスを抱っこするダニエル・クレイグの媒体写真が話題になるなどすでに007ファン、アベンジャーズファンを巻き込み大きな盛り上がりを見せている。

本作で「アガサの推理物の要素を全部詰め込もうとした。豪華キャスト勢ぞろいで、ヒッチコックのスリラーの要素も絡めながら、設定は現代のアメリカになっている」と自信をのぞかせる監督。正統派ミステリーに独自のユーモアと、現代社会への鋭い視点を盛り込み、最後の最後まで観客を翻弄する、これまで誰も見たことのない全く新しい傑作エンターテインメント・ミステリーを完成させた。

ミステリー映画の新たな傑作『Knives Out(ナイブズ・アウト)』(原題)は、2020年1月、TOHOシネマズ 日比谷ほか日本公開。


Motion Picture Artwork © 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
Photo Credit: Claire Folger

Netflix

衝撃のアクションスリラーNetflix映画 『Kate (原題)』の撮影が日本をはじめアジアで開始!浅野忠信・國村隼・MIYAVI出演が決定

2019年9月28日
『ホット・ゾーン』

1989年アメリカにエボラウイルスが襲来した実話がドラマ化!「ホット・ゾーン」、ナショナル ジオグラフィックで日本初放送へ

2019年9月27日
ジョン・クラシンスキーと妻エミリー・ブラント

ジョン・クラシンスキーが妻エミリー・ブラントとのスウィートな写真をTwitterに公開!その内容はあの人気映画の続編に関連することだった

2019年9月26日
「Wound(原題)」予告編

アーミー・ハマー&ダコタ・ジョンソン演じるカップルが巻き込まれる衝撃“スマホ”ホラー!「Wounds(原題)」US版予告編解禁

2019年9月26日

人気海外ドラマ「ブレイキング・バッド」の新作映画「エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE」の予告編がついに公開! ジェシー・ピンクマンに何かが起こる…!?[動画あり]

2019年9月23日